社会イノベーション研究科

教育の特色と指導体制

 本研究科では、専任教員の中から研究テーマに応じて指導教員を1名決め、その研究指導を2年間もしくは3年間続けて受けます。 その際、各研究領域内での複数指導教員体制を確立しており、主指導教員の他に、副指導教員による論文等の指導を受けることが可能です。論文の提出予定者は、原則として年に2回、中間発表会で論文等のテーマや問題意識について途中経過を発表します。

修了要件

 標準修業年限は、博士課程前期が2年、博士課程後期が3年です。博士課程前期、後期ともに標準修業年限以上在学し、(1)科目群、研究領域別に下記の単位数以上を修得すること、さらに(2)修士論文・博士論文を提出し、論文審査および最終試験に合格することを修了要件とします。

【博士課程前期】

基盤科目   ※1 6単位
発展科目 自研究領域 ※2 10単位
  他研究領域   8単位
研究指導科目     8単位
合 計     32単位

※1 基盤科目は4科目中3科目を選択必修とする科目であり、このうち研究指導担当教員の所属する研究領域(自研究領域)の1科目2単位を含めて3科目6単位以上の修得を修了要件とする。なお、この基盤科目において余剰となった単位数は、発展科目(他研究領域)の修了要件単位数として振り替えられる。

※2 発展科目は全体では9科目18単位以上の修得を修了要件とするが、各科目とも年度を重ねて履修することができ、修得した単位は修了要件単位数に算入することができるものとする。またこの発展科目のうち5科目10単位以上は研究指導にあたる研究指導担当教員の所属する研究領域(自研究領域)から選択し、4科目8単位以上は研究指導担当教員の所属する研究領域以外(他研究領域)から選択する。

【博士課程後期】

特殊研究科目 自研究領域 ※3 4単位
  他研究領域   4単位
研究指導科目     12単位
合 計     20単位

※3 博士課程後期の特殊研究科目では4科目8単位以上の修得を修了要件とするが、2科目4単位以上は研究指導担当教員の所属する研究領域(自研究領域)から選択し、残り2科目4単位以上を研究指導担当教員の所属する研究領域以外(他研究領域)から選択する。なお、博士課程後期における特殊研究科目は各科目とも年度を重ねて履修することはできるが、修得した単位を重複して修了要件単位数に算入することはできない。

資格

博士課程前期の発展科目群において、専門社会調査士の資格に対応した科目を配置しています。

page top