社会イノベーション研究科

一貫した教育研究体制

学部教育から研究科までの一貫した教育研究体制

 基礎となる社会イノベーション学部は、政策イノベーション学科と心理社会学科という2学科体制ですが、問題解決型の教育研究を実施するため、カリキュラム上両学科の科目の履修を相互に弾力化して、イノベーションを多角的・融合的に履修することを可能にしてきています。本研究科ではこのイノベーションを多角的・融合的に教育研究する問題解決型の手法をさらに徹底するため、社会イノベーション専攻1つの単専攻としています。

 さらに、本研究科では研究者養成をその基本目的の1つとするため、博士課程後期を同時に設置することで(区分制博士課程)、他大学大学院及び本学他研究科等から「社会イノベーション学」を研究する志望者を受け入れ可能になるように考えています。

 「社会イノベーション学の構築」を目指すという共通の理念の下、経済(政策)・経営(戦略)・心理・社会の領域を融合的に教育研究し、基礎となる学部では「専門性を持つ教養人」の育成を、博士課程前期では「柔軟な思考力を持つ研究者」を中心とする人材の養成を、そして博士課程後期では「自立的な研究能力を持つ専門的研究者」の養成を教育研究の柱とする、学部・研究科の一貫した教育研究体制が整備されたといえます。

page top