成城大学

成城大学

Twitter FaceBook instagram YouTube
CONTACT EN

社会イノベーション学部

社会イノベーション学部について

政策、戦略、心理、社会
4つの異なる視点からイノベーションを考える

社会イノベーション学部では、技術に基づくものとしてとらえがちだったイノベーションを「社会に持続した発展をもたらす人間の創造的活動」として実現されるものとして位置づけ、幅広く学問横断的にとらえ直しています。そして、現代求められているイノベーションを生み出す能力の養成を目的として2つの学科を設置しています。2つの学科とも相互に緊密に関連しており、いずれの学科であっても4つの領域について学ぶことにより、イノベーションを中心にして展開する社会について理解し、社会に貢献する意欲をもって、問題発見・設定・解決能力を高めていくことを目標としています。

学部の沿革

社会イノベーション学部は、2005年に、日本で初めてその名称にイノベーションをつけた学部です。イノベーションは、社会の革新をもたらすエンジンとも捉えられるもので、かつては技術革新や経営革新などとも呼ばれましたが、社会そのものの変革として捉えることもできるものです。社会イノベーション学部はこのイノベーションを骨格に据え、それを取り巻く社会全体の諸問題を発見し、解決するという問題志向型の学部で、経済学や法学のように既に体系的に整備された学問について習得するというスタイルではなく、イノベーションという対象に焦点を置いて種々の学問領域における研究や教育の成果をふんだんに活用して自ら問いつつ学ぶという考え方で作られています。

社会イノベーション学部長からのメッセージ

未来を切り開く意欲を持って正解のない問題に挑戦し、今までにない解決策を導く力を養いたい皆さんのために 社会イノベーション学部 学部長 遠藤 健哉 教授

未来を切り開く意欲を持って正解のない問題に挑戦し、
今までにない解決策を導く力を養いたい皆さんのために

成城大学社会イノベーション学部は、「社会に持続した発展をもたらす人間の創造的活動」としてのイノベーションについて教育と研究を行うことを目的としています。イノベーションは、技術や製品・サービスの革新だけでなく、それらの開発と普及に貢献する新しい方法や仕組みの構築などを含むものとして幅広くとらえることができます。また、その実現への道筋は、企業をはじめとする既存組織を中心に進んでいく場合に限らず、リード・ユーザーや起業家といった個人を主体に先導されることも少なくありません。社会イノベーション学部では、このような幅広い視点を必要とするイノベーションについての理解を深めていくため、「政策」「戦略」「心理」「社会」という4つの領域について多角的に学ぶという特徴を持っています。

現在、私たちを取り巻く社会環境の変化は加速しています。世界に目を向ければ、新型コロナウイルスの感染拡大の他にも、地球温暖化、教育格差や貧困、移民流入によるコミュニティの分断など、人々の生存や生活を脅かしうる問題が数多く存在しています。我々の身近には、少子高齢化や介護問題、所得格差の拡大といった深刻な課題が横たわっています。今日私たちが直面しているこうした社会課題には、唯一の正解が存在しません。したがって、私たち一人ひとりが自ら問題を発見・設定し、関心を寄せる問題について自分の頭で考え抜き、自分なりの解決策を導き出していく取り組みが必要になります。

社会イノベーション学部は、その名称にイノベーションをつけた日本で初めての学部として2005年に開設され、2021年に17年目を迎えました。本学部を巣立った卒業生は3,000名を越え、時代の要請に即して幅広い分野でグローバルに活躍しています。イノベーションは、様々な社会課題の解決に寄与し、社会に変革をもたらすエンジンと捉えられます。社会イノベーション学部では、未来を切り開く意欲をもって正解のない問題に挑戦し、今までにない新たな解決策を導く力、すなわちイノベーションを実現する力を持つ学生の育成に力を入れてまいります。

教育課程紹介

自ら問題を発見・設定・解決し、その成果を伝達することのできる問題志向型の学び

多様な問題が複雑に絡み合う現代社会。その解決の糸口ともいえる「イノベーション」をキーワードに、社会の諸問題を発見・設定・解決し、その成果を伝達することのできる、自らの力で見いだす問題志向型の学びが、本学部の特長です。 ゼミナールでの学びを軸に自主的な研究姿勢と専門性を養う専門科目やその基盤を形成する基礎科目を中心に、多角的な視点からイノベーションを学びます。

英語を用いて実践的にコミュニケートする能力の構築

イノベーションはグローバルに至る所で取り組まれています。そこで外国語科目については英語に焦点を絞って2年次までの必修として、実践的英語活用能力、すなわち“使える英語力”を身につけることができるようにしています。
世界共通言語(リンガフランカ)としての英語について、単なるコミュニケーション手段としてのみならず、生活習慣や文化様式といった言語で表象される社会・文化的背景をも踏まえて理解できるようにしています。またさらに力を伸ばしたい学生のための選択科目も設置しています。

キャリアサポート

キャリアをつくる

社会のあらゆる分野で活躍できる人材の育成が、本学部の目標です。
自分がどのような適性を持っているかを見つめ、どのような職業や分野を目指すのかを考えること、すなわち自分の「キャリア」をつくることは大切な学びのテーマの一つです。
単に卒業後の進路のみを念頭に置くのではなく、「何を目標に大学で学ぶのか?」、
「社会人としてどのように生きるのか?」について、深く考えるためのプログラムを実施しています。

卒業生の就職先実績