文化史学科

学科研修旅行

文化史学科では毎年、それまでに学んできたことを実地に体験し、学生相互あるいは学生と教員の親睦を深めるために、3年次学生全員が参加する「文化史学科研修旅行」(2泊3日)を実施しています。

研修旅行の実施に当たっては、各ゼミから選ばれた旅行委員が中心となって旅行先や見学先を検討するなど、学生が自主的に立案・実施します。



文化史学科の学生はこの学科研修旅行を通して文化史学科の独自性を体感し、また、文化史学科学生としての自覚をさらに強めているようです。

学科研修旅行ではこれまで新潟県佐渡市や静岡県伊豆地方、愛知県奥三河地方、岐阜県飛騨地方、三重県伊勢地方、石川県能登地方、京都などを訪ねています。

page top