芸術学科

教員紹介

喜多崎 親教授

きたざき ちかしChikashi Kitazaki

文芸学部 / 芸術学科
職位:
教授
専門分野:
西洋美術史
担当ゼミナール:
西洋美術史
主な担当科目:
美術史一般講義Ⅲ、西洋美術史演習Ⅰ、西洋美術史ゼミナールなど
最近の研究テーマ:
19世紀フランスの宗教画や象徴主義絵画における、形態と意味形成との関係
研究内容:
19世紀のフランス美術といえば、保守的なアカデミズムに対して印象派などの前衛が反旗を翻したといったイメージが強いのですが、話はそれほど単純ではありません。アカデミズムも前衛も、当時の社会的価値観を反映しながら作品を生み出し、その作品もコンテクストによってさまざまに受容されます。そうした作品をめぐる状況を、ひとつづつ丹念に読み解いて行きたいと思っています。
略歴:
早稲田大学 文学研究科 芸術学(美術史)専攻
博士課程,1988年03月,中退,日本国
主要業績:
[著書]
『〈祈ること〉と〈見ること〉—キリスト教の聖像をめぐる文化人類学と美術史の対話』(編、三元社、2018年)
『前ラファエッロ主義—過去による19世紀絵画の革新』(編、三元社、2018年)
『怪異を語る—伝統と創作のあいだで』(編、三元社、2017年)
『ヴィジョンとファンタジー』(共著、ありな書房、2016年)
『西洋近代の都市と芸術3 パリII 近代の相克』(共著、竹林舎,2015年)
『西洋近代の都市と芸術2 パリI 19世紀の首都』(編著、竹林舎,2014年)
『〈西洋美術史を学ぶ〉ということ』(編、三元社、2014年)
『聖性の転位 - 一九世紀フランスに於ける宗教画の変貌』(三元社、2011年)
『ジェンダー表象の政治学 - ネーション、階級、植民地』(共著、彩流社、2011年)
『岩波 西洋美術用語辞典』(共編著、岩波書店、2005年)
[論文]
「ミュシャのレトリック」『成城美学美術史』2018年
「物語らぬ挿絵 — オディロン・ルドンの版画集『幽霊屋敷』の方法 — 」『成城美学美術史』22号、2016年3月
「ラファエル前派と前ラファエッロ主義 − フランスとの関係を中心に」『美学美術史論集』20号、2013年3月
「コレスポンダンスの核 — ルドンの《目を閉じて》に見る象徴主義」『成城文藝』219号、2012年6月
「照応する幻視:オディロン・ルドンの『ヨハネ黙示録』」『黙示録− デューラー/ルドン』(展覧会カタログ、東京芸術大学美術館)、2010年10月
「聖化する未熟 − 十九世紀フランスに於けるフラ・アンジェリコ受容」『言語社会』4、2010年3月
「様式選択の聖と俗 − 二項対立からの逸脱」『西洋美術研究』15、2009年12月
「ミュシャ《ジスモンダ》とビザンティン」『ユリイカ』2009年9月号
「モザイクとしての様式 −ドニの点描をめぐる一考察」『国立西洋美術館研究紀要』11、2007年3月
「流動するファサード − モネの《ルーアン大聖堂》連作に見る同一性と差異性」『美術フォーラム21』7、2003年1月
「パリに顕れるビザンティン − サン=ヴァンサン=ド=ポール聖堂の様式選択」『国立西洋美術館研究紀要』5、2002年3月
「皮膚病変と聖性発現 − グリューネヴァルトのカッセルの磔刑図を見るユイスマンス」『皮膚の想像力』(国際シンポジウム報告書、国立西洋美術館)、2001年3月
「呼び交わす人物と背景 − オディロン・ルドンの《ロベール・ド・ドムシー男爵夫人の肖像》に見る象徴主義絵画の隠喩的構造」『国立西洋美術館研究紀要』4、2000年3月
「聖性と写実 − ボナの《キリスト》と階級的身体イメージ」『美學』197、1999年6月
「見せられる裸婦と風景 − ギュスターヴ・クールベの眠れる裸婦に見る眼差しの換喩」『国立西洋美術館研究紀要』2、1998年3月
「歌えなくなった詩人 − ギュスターヴ・モローの二組の《人類の生》をめぐって」『國學院雑誌』99-3、1998年3月
「断片としてのオリエント − ギュスターヴ・モローの《聖なる象》にみる引用の構造」『国立西洋美術館研究紀要』1、1997年3月
「明治洋画のイコンとナラティヴ− 歴史画受容をめぐる一考察」『交差するまなざし − ヨーロッパと近代日本の美術』(展覧会カタログ、東京国立近代美術館)、1996年7月
「ルノワールのハーレム − 国立西洋美術館蔵《アルジェリア風のパリの女達》の題名をめぐって」『国立西洋美術館年報』27-28(合併号)、1996年3月
「甦る詩人の竪琴 − ギュスターヴ・モローの《死せる竪琴》における諸神混淆的ヴィジョンの形成」『ギュスターヴ・モロー』(展覧会カタログ、国立西洋美術館)、1995年3月
「パリのサン=ロック聖堂洗礼盤礼拝堂壁画に就いて − テオドール・シャセリオーの宗教画にみるオリエンタリズム」『美術史研究』32、1994年12月
「1874年のサロンに於ける国家買上ならびに注文作品に就いて」『1874 − パリ [第一回印象派展]とその時代』(展覧会カタログ、国立西洋美術館)、1994年9月
「ギュスターヴ・モローの《出現》に就いて」『美術史』133、1993年2月
「ギュスターヴ・モローのユピテルとセメレー」『美術史研究』25、1987年12月
[展覧会企画・カタログ]
『ギュスターヴ・モロー』展(国立西洋美術館・京都国立近代美術館、1995年)
『ウィンスロップ・コレクション』展(国立西洋美術館、2002年)
所属学会:
美術史学会
美学会
日仏美術学会
ジャポニスム学会
早稲田大学美術史学会

page top