人材育成の目的と3つの方針

学部(学科)、大学院研究科(専攻)ごとに人材育成の目的を学則に明記し、その目的にてらし、卒業時までに身につけることが期待される能力(卒業の認定に関する方針、課程の修了の認定に関する方針)とその目的を達成するためにどのようなカリキュラムを編成するのか(教育課程の編成及び実施に関する方針)、どのような学生を受入れて教育するのか(入学者の受入れに関する方針)について、学内外に公表することが義務づけられています。

これは、第一に、学生の人材育成目的の達成度を参照して教育方針全体を不断に見直すことで大学教育の質を向上させるシステム(内部質保証体制)構築にとって、これら方針の策定が必要であるためであり、第二に教育という公的役割を担っている大学が、在学生や保証人だけでなく、広く社会に対して説明責任を果たすためです。

成城大学・成城大学大学院では、建学の精神を基にした従来からの教育方針をこの機会に再検討するとともに、「卒業の認定に関する方針」及び「課程の修了の認定に関する方針」、「教育課程の編成及び実施に関する方針」並びに「入学者の受入れに関する方針」として再構成し、公表しています。

1.成城大学の目的

第1条 本大学は成城学園創業の精神に則り個性の暢達を主眼として広く専門の学芸を研究教授し、広角の視野と高度の教養を具えかつ、豊かな個性を持つ社会の先導者を育成すると共に、文化の発展に貢献することを目的とする。<大学学則より抜粋>

各学部・学科の人材育成の目的と3つの方針

2.成城大学大学院の目的

第1条 成城大学大学院(以下「本大学院」という。)は、学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥を究めて、文化の進展に寄与することを目的とする。<成城大学大学院学則より抜粋>

各研究科・専攻の人材育成の目的と3つの方針

page top