人材育成の目的と3つの方針

社会イノベーション研究科 社会イノベーション専攻 人材育成の目的と3つの方針

人材育成の目的

社会イノベーション研究科の教育研究は、社会に持続した発展をもたらす人間の創造活動であるイノベーションの学問横断的な教育研究を通して、博士課程前期においては、博士課程後期への進学を希望する学生に対して必要な専門知識・能力を育成するほか、高度職業人として活躍するための高度な専門的知識と幅広い教養を具えた人材を育成する。また、博士課程後期においては、高度な研究能力と豊かな創造性を涵養し、自立した研究者として学問の発展に貢献できる人材を養成することを目的とする。

課程の修了の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

1.博士課程前期:修士(社会イノベーション学)
下記の要件を有し、本課程に2年以上在学して所定の単位を修得し、中間発表を経て修士論文(あるいは課題研究報告)を作成・提出し、その審査および最終試験に合格した者について博士課程前期の課程を修了したことを認める。
(1)イノベーションについての専門知識と理論を習得し、その問題を研究する能力を有していること。
(2)イノベーションの創造・生成に関する理論を習得し、研究する能力、イノベーションの普及とその社会的影響を考察し、多角的・総合的に解明する能力を有していること。

2.博士課程後期:博士(社会イノベーション学)
下記の要件を有し、本課程に3年以上在学して所定の単位を修得し、中間発表を経て博士論文を作成・提出し、その審査および最終試験に合格した者について博士課程後期の課程を修了したことを認める。
(1)イノベーションに関する高度の専門能力を活かして、研究者として創造的な活動を展開できる能力を身につけていること。

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

前項のディプロマ・ポリシーを達成するため以下に示すカリキュラム・ポリシーを設定する。
1.博士課程前期
指導教授を定め、その指導の下で修士論文(あるいは課題研究報告)を作成する。そのための基礎となる科目を経済(政策)、経営(戦略)、心理、社会の領域に配置し、所定の単位を修得するものとする。
(1)イノベーションに関する専門知識を体系的に習得できるよう、段階的なカリキュラムを提供する。
(2)イノベーションの一連のプロセスを総合的にとらえるため、経済(政策)、経営(戦略)、心理、社会の4研究領域を設定する。
(3)4研究領域の相互関連を意識した、イノベーション研究の基盤となる科目群からなる基盤科目と、より専門に特化した科目群からなる発展科目を配置する。
(4)発展科目には、イノベーションの生成・創造・普及・影響に関して、経済(政策)、経営(戦略)、心理、社会の側面から解明する科目を配置する。
(5)イノベーションに関する理論的・実証的な研究を進め、修士論文の作成を指導する研究指導科目を配置する。

2.博士課程後期
指導教授を定め、その指導の下で博士論文を作成する。そのために必要な科目を経済(政策)、経営(戦略)、心理、社会の領域に配置し、所定の単位を修得するものとする。
(1)イノベーションの一連のプロセスを総合的にとらえるため、経済(政策)、経営(戦略)、心理、社会の4研究領域を設定する。
(2)イノベーションの生成・創造・普及・影響に関して、経済(政策)、経営(戦略)、心理、社会の側面から解明する特殊研究科目を配置する。
(3)イノベーションに関する理論的・実証的な研究を進め、博士論文の作成を指導する研究指導科目を配置する。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

1.博士課程前期
本課程では大学で専門的教養・知識を習得し、下記のような関心や意欲を持つ人材を受け入れる。
(1)イノベーション研究へ強い関心を抱き、研究を進めるにあたっての基本的な学力を有する人。
(2)イノベーションおよびその関連領域についての知識の習得およびその活用に強い意欲を有する人。
(3)社会の多様なニーズに応えるため、より高度の知識の習得を目指す、イノベーションに関わる分野に従事している社会人やイノベーションに関心を抱く中高年層も受け入れる。

2.博士課程後期
本課程では博士課程前期でイノベーション研究に関連する分野で高い専門的能力を習得し、下記のような関心や意欲を持つ人材を受け入れる。
(1) イノベーション研究へ強い関心を抱き、研究を進めるにあたっての専門的な学力を有する人。
(2)イノベーションおよびその関連領域についての知識の習得およびその活用に強い意欲を有する人。

page top