生涯学習

成城 学びの森

成城大学では、2006年より「成城 学びの森」の名称で、生涯学習支援事業を行っています。
「成城 学びの森」は、「大学の知的財産を地域住民および市民一般へ還元し、地域における生涯学習の拠点となること」「参加者・受講生にリピーターとして期待をよせられるものとするだけでなく、地域住民と大学との交流の場として、また、社会人の大学院生、科目等履修生等として、発展的な学びの継続の起点となること」を目標として、「コミュニティ・カレッジ」「オープン・カレッジ」の二つの事業を柱として展開しています。
「成城 学びの森」という名称には、何にもない「草っ原」から「林」へ、そして居心地の良い豊かな「森」へと育っていくことをイメージし、地域一般の方々への社会貢献として、参加する皆さまに学ぶ楽しさを味わっていただき、そこからの繋がり、講師と受講生、受講生同士の交流の輪を拡げ、結果として、皆さまとともに、「学びの森」という豊かな拠点を成城大学につくりあげていきたい、という願いや思いがこめられております。

聴講生・科目等履修生

  • 聴講生

    本学の学生以外の方々が、一般の学生と同じ授業科目を聴講していただくための制度です。聴講生は、授業科目の聴講のみが可能で、単位の修得はできません。

  • 科目等履修生

    本学の学生以外の方でも、本学の授業科目を履修し、試験などに合格した場合は正規の単位を修得することができる制度です。

大学で開設される授業科目を受講する場合
高等学校卒業以上の学歴を有する者、またはそれと同等以上の学力があると学部で認めた者。

大学院前期課程において開設される授業科目を受講する場合
大学卒業以上の学歴を有する者、またはそれと同等以上の学力があると研究科で認めた者。

page top