大学の取り組み

研究活動に係る不正防止対策

成城大学では、研究活動に係る不正防止推進および公的研究費の公正かつ適正な運営・管理のために、必要な事項を定めています。

規程等

参考

不正防止推進窓口

相談窓口・検収窓口の設置

成城大学では、研究活動に係る不正防止推進、公的研究費の事務処理手続および使用に関するルール等の相談窓口を『研究機構』に設置し、効率的な研究遂行を適切に支援しています。また、窓口では購入物品等の検収・検品を行っています。

【相談窓口・検収窓口】研究機構[事務局:研究機構事務室]
  住  所 : 〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 (大学2号館2階)
  電話番号 : 03 - 3482 - 9643
  F A X : 03 - 3482 - 9012
  E-mail  : kenkyu[at]seijo.ac.jp *送信時には[at]を@に置き換えてください。

通報等受付窓口

成城大学では、特定不正行為又は不正使用の疑義があった場合の通報・告発及び相談の窓口として通報等受付窓口を設置しています。通報等は書面、電話、FAX、電子メール、面談等で受け付けています。

  担  当: 総務課
  住  所: 〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 (大学2号館1階)
  電話番号: 03 - 3482 - 2101
  F A X: 03 - 3482 - 9698
  E-mail : kenkyu-kousei [at]seijo.ac.jp (通報等受付専用)
        *送信時には[at]を@に置き換えてください。

  研究公正委員会委員一覧(学内のみ参照可)

対象となる不正使用

「不正使用」とは、次に掲げる行為及びそれらに助力することをいう。

(1)虚偽又は架空の申請により、物品費、人件費・謝金、旅費等を使用すること。
(2)架空の契約により代金を支払わせ、業者等に預け金として管理させること。
(3)公的研究費を各使用ルールに定められた用途以外に使用すること。
(4)前各号に掲げる行為のほか、関係法令及び本大学の関係規程に反して使用すること。

対象となる不正行為

「不正行為」とは、次に掲げる行為及びそれらに助力することをいう。

(1)ねつ造:研究者等が調査・実験を行わなかった、又は行ったが結果を得られなかったにもかかわらず、研究結果を作成すること。
(2)改ざん:研究者等が行った調査・実験等の結果を、根拠なく修正又は削除すること。
(3)盗用:故意に出典を明示せずに、他人が作成・発表した結果を引用、又は要約を作成すること。

通報等の取扱いについて

1.成城大学研究公正委員会は、通報等に関係した方が不利益な取扱いを受けることがないよう配慮し、通報者に対して必要な保護及び援助の措置を講じます。
2.通報等を行う場合には、原則として、次の各号に掲げる事項をお知らせください。

(1)特定不正行為又は不正使用を行ったとする研究者等又はグループ等の氏名又は名称
(2)特定不正行為又は不正使用の具体的内容
(3)特定不正行為又は不正使用の内容を不正とする合理的理由
3.通報等は、書面、電話、FAX、電子メール、面談等の方法で、その根拠等が客観的に合理性を有している場合に受け付けます。
4.告発は原則として顕名によるもののみ受け付けます。
5.通報等を受け付ける際は、個室で面談する等、通報者の秘密保持を講じることとします。
6.書面による通報等があった場合、通報者に受け取った旨を通知します。
7.通報等が虚偽又は誹謗中傷等の目的で行われた事実が判明した場合は、通報者の氏名の公表や懲戒処分、刑事通報等を行うことがあります。

研究活動における不正(不正行為および研究費不正使用)の禁止

研究活動の不正行為とは

「不正行為」とは、次のような行為およびそれらに助力することをいいます。

  • 故意又は研究者としてわきまえるべき基本的な注意義務を著しく怠ったことによる、捏造、改竄、盗用にあたる行為(これらを「特定不正行為」といいます)。
  • 上記以外の研究活動上の不適切な行為であって、科学者の行動規範及び社会通念に照らして研究者倫理からの逸脱の程度が甚だしいもの。(例:論文の二重投稿、不適切なオーサーシップなど)
  • 上記に掲げる行為の証拠隠滅又は立証妨害をすること。

公的研究費とは

公的研究費とは、次に掲げるものをいいます。

  • 科学研究費助成事業等の競争的資金
  • 上記以外の公的機関から助成を受けた研究費

研究費の不正使用とは

「不正使用」とは、次のような行為およびそれらに助力することをいいます。

  • 虚偽又は架空の申請により、物品費、人件費・謝金、旅費等を使用すること。
  • 架空の契約により代金を支払わせ、業者等に預け金として管理させること。
  • 公的研究費の各使用ルールに定められた用途以外に使用すること。
  • 上記に掲げる行為のほか、関係法令及び本学の関係規程に反して使用すること。

page top