大学概要

大学運営に係る各種方針

大学として求める教員像および教員組織の編制方針

「求める教員像」

本学の教員は、建学の精神と大学の目的を深く理解したうえで、ミッション・ビジョンの実現に真摯に取り組む、教育に熱意を持つ高潔な教員であることが求められる。また、専門領域で比類のない研究を行い、学術の発展に寄与することが求められる。

「教員組織の編制方針」

大学の目的とミッション・ビジョンに基づき、大学設置基準および大学院設置基準に則った専任教員の配置を行い、人材育成の目的と3方針に沿った学生の育成に適切な教員組織を編制する。

学生支援に関する方針

学生の個性と自主性を尊重し、大学の目的とミッション・ビジョンに基づき、学生の修学・生活・キャリア形成などにおけるきめ細かな支援を提供する。
また、総合的な学生支援を行うために、各学部・研究科および事務部署等の支援の役割を明確にしたうえで、連携・協力体制の強化を推進する。
さらに、学生の自立を促すために、学生生活の状況の把握に努め、具体的な対応策を講じるとともに、積極的に情報発信を行う。

教育研究等環境の整備に関する方針

大学の目的とミッション・ビジョンに基づき、教育と研究の活性化を支援し、学生や教員が利用しやすく、安全に配慮した環境を整備する。
整備にあたっては十分調査を行い、効率的かつ適正な規模の環境づくりを行う。

社会との連携・協力に関する方針

文化の発展に貢献し、また、社会との接点として教育・研究成果を活かし、国内外に拡がる大学のネットワークを通じて社会の発展に寄与する。
殊に成城学園とともに歩んできた地域との相互交流を深め、知の拠点として地域の発展に貢献する。

管理運営方針

大学の目的とミッション・ビジョンの実現に向けた具体的な施策を、迅速かつ確実に、透明性のある手続きのもとに行う管理運営を推進する。
また、法人組織との連携を強化し、学園全体としてのより適切な管理運営体制の構築に努める。

page top