芸術学科

人材育成の目的と3つの方針

人材育成の目的

芸術学科は、芸術各分野と美に関する理論的・歴史的研究を通して、豊かな感性と優れた知性を育み、芸術的創造や研究・啓発活動、文化財の保存・公開事業等に参画しうる人材、あるいは芸術と美への深い共感と理解によって、社会や文化の発展に貢献しうる人材の育成を目的とする。

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

芸術学科では所定の単位を修得し、提出した卒業論文が合格することをもって、次の条件を満たしたものとみなし、卒業を認定します。

  • 1.人間と文化はもちろん、自然や社会の領域についても広範に学修し、教養を養うとともに、それに対する感受性を開発し、自らの個性を見極め、それを啓発していること。

  • 2.文化事象について、必要な調査・分析・考察によって論理的に問題を解決し得ること。

  • 3.言語(日本語・外国語)の運用に習熟し、的確な理解力・表現力を備えていること。

  • 4.芸術学の基礎的な知識を修得し、その方法論に実践的に習熟し、各自の研究に応用し得ること。

  • 5.歴史的・国際的視野のもと、社会人としての責任を自覚し、社会の発展に創造的に貢献する志を養っていること。

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

芸術学科は、次の方針で教育課程を編成し、実施します。

  • 1.芸術学に関する思考力・理解力・表現力を養い、感受性を開発するために、質量ともに十分な授業を配置し、受講者はでき得る限り少人数に抑え、個性を尊重した指導を実施します。

  • 2.大学における勉学の基礎となる読解力・文章表現力および発表・議論する力を養うためにWRD科目と文芸講座を初年次の必修とします。

  • 3.大学生として必要な教養を養うために、教養科目を設けます。

  • 4.芸術学に必要な外国語に習熟するとともに、異文化を理解するために外国語科目を設け、二つの外国語の履修を必修とし、その効果的な運用のためにグレード制を敷きます。

  • 5.各自の個性に基づき、それをいかに社会に生かすかを考えるために、初年次からキャリア科目を設けます。

  • 6.芸術学に関する知識および方法論を修得し得るよう、学科科目は、初年次段階から学年進行に合わせて体系的に配置します。

  • 7.芸術学について、知的理解にとどまらず、それに対する感受性を養うために、体験的実践的な授業(研修旅行など)を設けます。

  • 8.大学における学修の集大成として、卒業論文の執筆を課します。

  • 9.芸術学科において専門分野以外の領域の学問を幅広く学修するために、他学科の科目を自由選択科目として履修することを認めるとともに、主専攻・副専攻制度を設けます。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

芸術学科は、次の条件を満たす人材を入学者として求めます。

  • 1.芸術学科の学問を学修する上で必要な基礎学力を有する人。

  • 2.芸術学科の学問について、旺盛な関心を持つとともに、自ら課題を発見しその解決に向けて探求し、成果等を表現するために必要な思考力・判断力・表現力等の能力を有する人。

  • 3.自らの個性を自覚し、その研鑽に意欲的であるとともに、多様な人々と協働して主体的に学ぶ態度を有する人。

page top