美学・美術史専攻

修士・博士論文

美学・美術史専攻 修士論文題目一覧

修了年度 題目
2018年(平成30年) アントニオ・ロペスのリアリズム -都市景観画を中心に-
バレエ・リュスの音楽における虚像としての「オリエント」表象 -≪クレオパトラ≫の制作を巡って-
ミュリナ出土のテラコッタ・ニケ像の制作背景
ドミニク・アングルの女性像 -その特異性と淵源-
モノと人との接点から、人と人との接点へ -芸術的実践と並走する現代の美術館教育普及活動-
勅使河原蒼風のいけばな理論
ジャクソン・ポロック≪ナンバー29、1950≫について -ジャンル横断効果の視点から-
2017年(平成29年) スジーニの解剖学模型—その逸脱と回帰
G.F.ワッツの<顔の表情を隠す>表現
ジャン・デルヴィルの理想主義絵画—象徴主義との関係から—
2016年(平成28年) 独ソ戦期ソ連におけるプロパガンダ美術の中のロシア像の復興
ハリー・クラーク『アンデルセン童話』の挿絵におけるステンドグラスの影響
フェリックス・ヴァロットンの室内画の不安の要素—1890年代の室内画を中心に—
エミール・ノルデの宗教画とプリミティヴィズム
ジョヴァンニ・ベッリーニの「悲しみの人」—空間表現の展開とその意味
アルフレッド・シスレーの描くイール=ド=フランス—風景画における地誌的表現の視点から—
舟越保武《長崎二十六殉教者記念碑》の制作意義—慰霊碑としての役割を中心に—
2015年(平成27年) ロセッティの1860年代作品とヴェネツィア美術 -形式と表現理念からの考察-
新薬師寺薬師如来坐像 -制作年代と背景をめぐる考察-
平安時代の神像について -松尾大社の三神像を中心に-
東寺講堂 五大明王像の造形の源流と空海の思想
ジョセフ・コーネル <<無題(シャボン玉セット)>> (1936年) から見るヴァニタス的制作実験について
ヴィアン <<アモルを売る女>> -制作意図に関する一考察-
振幅する境界 オーギュスト・ロダン作 <<生命の夢>> に於ける現象と構造
2014年(平成26年) 黒田清輝≪野辺≫に託された真意
ドラクロワの『ハムレット』主題作品に関する一考察-ロマン主義的な作品観との相違-
スクロヴェーニ礼拝堂北扉の装飾についての一考察
ロッソ・フィオレンティーノと16世紀初頭のフィレンツェ美術
-なぜロッソはフィレンツェを離れたのか
2013年(平成25年) シミュレーション的、インデックス的
:デジタル時代の劇場用アニメーションにおける現実らしさ
高幡山金剛寺不動明王及二童子像について
運慶に関する基礎的考察
相阿弥筆大仙院四季山水図に見る筆様の多様性をめぐって
コロー≪ナルニの眺め≫再考 —風景画史上の位置づけをめぐって—
「『少女の友』における中原淳一」
2012年(平成24年) ギュスターヴ・モローの《サロメ》と《出現》 —境界を跨いで
ジェームズ・マックニール・ホイッスラー「6つのプロジェクト」
エドゥアール・マネの立体表現について —1860年代の油
周縁の女神   ルーカス・クラナッハ(父)後期女性像の独自性とその形成要因
エゴン・シーレの2人の女性像  —いわゆる「レスビアン」
芸術リートとしてのメンデルスゾーン・リート  ドイツ・リート史に
おける新しい位置づけによって
2011年(平成23年) ティントレットのマドンナ・デッロルト聖堂内陣対作品の主題選択の意味について
違和感という魅力 感性的質から見たアール・ブリュット
オディロン・ルドン≪聖アントワーヌの誘惑≫の物語性について
河鍋暁斎筆「観世音菩薩像」考 —山岡鉄舟と何礼之との交流を通して—
ジョン・エヴァレット・ミレイとファンシー・ピクチュアの革新
ドラクロワにおけるゴヤの影響 —≪ロス・カプリチョス≫による誇張表現を中心に—
グイド・レーニ作品におけるラファエッロとカラヴァッジョの受容 
—≪嬰児虐殺≫を中心に—
建築物とは地球の皮膚である
2010年(平成22年) 雪舟筆「四季山水図」(石橋美術館別館)考
神奈川県・円応寺初江王坐像の再考
ムンクと女性 —女性表現からムンク像を考える—
ルノワールと過去の美術の関わりについての一考察
ビアズリー作品における線描表現 —ライン・ブロックからの考察—
バンボッチョの芸術の形成とローマにおける外国人サークルの人的交流
—17世紀初頭のローマにおける芸術的多様性の観点から—
ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ作≪プロセルピナの略奪≫
—ベルニーニの初期彫刻におけるその位置付けに関する一考察
C.D.フリードリヒの宗教観 ~樫のモチーフを中心に~
16世紀オスマン帝国期大モスクの独自性について —シナンのモスクを中心に—
2009年(平成21年) パブロ・ピカソの女性観における《ミノタウロマキア》
エゴン・シーレ研究 —人物画の制作背景を中心に—
エドワード・ポッパーにおける光
2008年(平成20年) 庵野秀明のオタク批判 -『新世紀エヴァンゲリオン』、
『ラブ&ポップ』、『式日』、『Re:キューティーハニー』を中心に-
唐招提寺大日如来像の制作年代と造像背景について
サルバドール・ダリ、神話的複製 -1950年代の「磔刑」の反復を中心に-
オスカー・ココシュカの人形制作 -初期作品との関連からの考察-
イギリス・カントリー・ハウスにおけるアダム様式 
-グランド・ツアーおよびピクチャレスク論争による展開-
シャルダン、静物画への回帰 -同時代の風俗画との関連において-
セシリア運動とモーツァルト批判 
-19世紀におけるモーツァルト教会音楽の受容と評価をめぐって-
2007年(平成19年) フェリックス・ヴァロットンの室内画の意義
世界を切り開く芸術作品
土佐派の「柳橋水車図屏風」について
トゥールーズ・ロートレックにおけるジャポニスムの影響 
-浮世絵との色彩・構図・題材・人物表現の比較-
2006年(平成18年) 敦煌莫高窟に於ける天井装飾の研究
「賀茂祭草紙」研究 <本文編> <図版編>
赤間神宮蔵「安徳天皇縁起絵伝」について -制作に関する考察-
善光寺式阿弥陀三尊像の源流について
日本における「宝冠釈迦如来」の受容と変化
マルシーリオ・フィチーノの詩人論にみる文芸の道徳教育的性格
帳良図研究 -室町時代扇面図「帳良進履図」を中心に-
仏像制作過程における「御衣木加持」の研究
パピエ・コレと「総合的」キュビスムの収束 
-制作意識の違いに見る、ブラックとピカソのキュビスム-
2005年(平成17年) バーン=ジョーンズ《受胎告知》をめぐって
石山寺蔵仏涅槃図について -その図像の位置付けと特色-
フェルナン・クノップフ《孤立》三幅対について
「百鬼夜行絵巻」研究 <本文編> <図版編>
「清明上河図」研究 -転換期絵図の諸相- <本文編> <図版編>
2004年(平成16年) 日本における合唱組曲の研究 -その統一的要素に関して
快慶及びその周辺作品にみる阿弥陀三尊形式の成立と展開 <本文編> <図版編>
長澤蘆雪筆「降雪狗児図」について -黒白への好奇- <本文編> <図版編>
ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ≪バルダッキーノ(大天蓋)≫研究 <本文編> <図版編>
J.W.ウォーターハウス作≪シャロットの女≫
--1888年前後の様式転換をめぐって--
チェコにおける日本美術の受容について 1863 — 1913
モーリス・ドニに見られる楽園表象 -≪プシュケの物語≫を巡って-
伝能阿弥筆「三保松原図」について
ブロンズィーノのエレオノーラ礼拝堂壁画装飾について
-祭壇画の図像プログラムを中心に-
ギュスターヴ・モローの人物表現に関する
一考察-伝統からの脱却,そして理想の歴史画へ-
2003年(平成15年) 吉祥天像の服制に関する考察
シャガール・ステンドグラスの光とマチェール~20世紀のアール・サクレ~
アポロン的芸術と哲学との差異:初期ニーチェにおける不明瞭
狩野元信印「富士参詣曼陀羅」研究 <本文編> <図版編>
ソナタ形式の存在論
-モーツァルトのクラヴィーア・ソナタにおける「主題Subiectum」概念の研究-
俵屋宗達筆「松島図屏風」をめぐって—広がりゆく世界 <本文> <図版編>
「選ばれたものだけが立派に選び、実際に選ぶ」(ドゥルーズ)
:エリック・ロメール監督『モード家の一夜』におけるその映画的表現
ジョン・ケージ『サイレンス』における環境美学
耀州窯青磁の研究 -五代を中心として- <本文> <図版編>
2002年(平成14年) フランス風クーラントの舞踏性と、そのドイツにおける受容について
消失点にある身体 花柳寿南海の素踊り「都見物左衛門」
アントワーヌ=ジャン・グロとオリエンタリズム 
ナポレオン戦争画をめぐるいくつかの考察
桃山茶陶と織部焼の意匠
汝窯清磁の器形と文様について <本文> <図版集>
写真の物質性 ロバート・メイプルソープの写真から
田口掬汀と『中央美術』
2001年(平成13年) 国立歴史民俗博物館蔵「韃靼人狩猟打毬図屏風」をめぐって <本文編> <図版編>
六朝時代の青磁に関する一考察 中国南方への青磁の展開 <本文> <図版>
『美人画』にみられる「影」の研究 鏑木清方を中心に
マチスの1930年代後半における油彩考察 《ラ・ポエジー》を中心に
J.M.W.ターナーにおける画風展開 光と主題の検討をとおして
ギュスターヴ・モローのマチエール試論 装飾工芸としての絵画
フィリッピーノ・リッピにおけるビッザーロ[奇矯な]表現に関する一考察
他者を提示する肖像写真 北島敬三『Portraits』から
明代の輸出青花磁器に関する一考察
エドヴァルド・ムンクの《歴史》 
20世紀初頭のノルウェーにおける装飾絵画への取組み
砂澤ビッキ論 「アイヌ工芸」と「近代彫刻」の境を越えて
エドゥアール・マネのカフェを主題とした作品と
同時代のモードとの関わりについて
2000年(平成12年) ブリューゲルの作品にみる時間的・空間的連続性
ボロブドゥール隠れた基壇浮彫図に関する一考察 <本文> <図版>
ポール・セザンヌ《首吊りの家、オーヴェール=シュル=オワーズ》の
印象主義様式における位置及び意義についての考察
ボイデル・シェイクスピアギャラリー 
18世紀イギリス美術におけるその位置付け
奈良時代における木彫像と来朝僧 -唐招提寺と大安寺- <本文編> <図版編>
エドワード・ホッパー メディウムの変遷とその役割
絵画的マチェールと作者性
-構築的時代以前におけるポール・セザンヌのタッチに関する考察-

美学・美術史専攻 博士論文題目一覧

学位授与年度 題目
2015年(平成27年) 教皇ウルバヌス8世の治世における蜜蜂表象に関する研究:ベルニーニの《バルダッキーノ》とサン・ピエトロ大聖堂の装飾事業を中心として
2012年(平成24年) フランス風クーラントの舞踏リズムの研究
リヒァルト・ワーグナーの「モティーフ」と,ドラマにおけるその用法について
—音楽を手段としたドラマ表現とは何か—
2009年(平成21年) 唐代龍門石窟の研究 —造形の思想的背景について
2007年(平成19年) パウル・クレーの1916-1921年の文字絵 -作品の構成、テクストの形式と内容を巡る考察-
2002年(平成14年) 9・10世紀の越州窯青磁についての考察-
敦煌壁画に見る風景表現の研究

page top