美学・美術史専攻

人材育成の目的と3つの方針

人材育成の目的

美学・美術史専攻では、美学、芸術学、美術史学の諸分野を総合的かつ体系的に研究している。このような研究と芸術の鑑賞を通じて、鋭敏な感性と、歴史的コンテクストの中で本質をとらえる思考力を養い、それを基にした歴史認識によって、ますます多様化、複雑化する社会に適応できるバランス感覚を身につけた人材の養成を目的としている。

課程の修了の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

次の条件を満たした者には、当該課程を修了したことが認められる。
1.博士課程前期:修士(文学)
(1)美学・美術史の専門的研究能力を修得し、自律的に研究を継続できること。
(2)教育機関、文化行政機関、研究機関、美術館・博物館その他の、美学・美術史関係の専門的知識を必要とする諸方面において、自らの学問的営為や成果を踏まえて適切な活動を展開する能力を身につけていること。
(3)美学・美術史の領域における自らの知見を他者に客観的かつ説得的に伝達するための、理論構築力と表現方法を身につけ、また必要に応じて外国語の十分な運用能力を身につけていること。
(4)自らの専門分野のみならず、他の美学・美術史の研究分野についても関心を持ち、十分な理解を有すること。

2.博士課程後期:博士(文学)
(1)美学・美術史の分野における博士課程前期の修了に必要な条件を満たした上で、一層高度な専門性を身につけ、自立した専門家として信頼される人材であること。
(2)独創的な知見をもって学界に寄与できること。
(3)学会などで日本国内の研究者等と交流することはもちろん、必要な場合には外国語を使用して、海外の研究者等とも交流し、自己の研究成果を内外に発信できること。

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

次の方針で教育課程を編成し、実施します。
1.博士課程前期
(1)深く専門領域の研究方法を修得するのみならず、美学・美術史の諸分野を幅広く学べるようカリキュラムを構成します。例えば、多様な専門領域に属する大学院生がともに学び、議論しあえる総合ゼミナールを設けます。
(2)クラスに出席して学ぶ授業科目の他に、個別の研究指導科目を設けます。そこでは、美学・美術史関係の修士論文の作成に向けた指導を行います。その指導は、学生個々人の資質に応じて進めます。
(3)必要に応じ、学芸員課程の履修を可能にし、学芸員資格を取得する機会を与えます。
(4)可能な限り、海外から客員教員を招聘し、英語による授業の機会を設けます。

2.博士課程後期
(1)深く専門領域の研究方法を修得するのみならず、美学・美術史の諸分野を幅広く学べるようカリキュラムを構成します。例えば、多様な専門領域に属する大学院生がともに学び、議論しあえる総合ゼミナールを設けます。
(2)クラスに出席して学ぶ授業科目の他に、個別の研究指導科目を設けます。そこでは、当分野に関わる学会等での発表、学会誌等の専門誌への論文発表、そして博士論文の作成に向けた指導を行います。その指導は、学生個々人の資質に応じて進めます。
(3)必要に応じ、学芸員課程の履修を可能にし、学芸員資格を取得する機会を与えます。
(4)可能な限り、海外から客員教員を招聘し、英語による授業の機会を設けます。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

次の条件を満たす人材を入学者として求めます。
1.博士課程前期
(1)芸術の諸分野に大きな関心を有し、個々の作品や作家について研究したいと思う人、あるいは、諸芸術がいかにして歴史の中で生まれてきたか、人間にとって美的価値はどのような意義を持つのか、各時代の感性的認識とはどのようなものか、といった知的関心を抱き、それを研究したいと思う人。
(2)美学・美術史の専門的研究能力を修得することを通じて、将来、研究教育機関、文化活動や文化財に関する行政機関、美術館・博物館など広く社会の中で活躍しようという志を持っている人。
(3)美学・美術史に関する専門文献の読解能力を有し、また自らの思考を明確に表現する可能性を有する人。必要に応じて外国語文献を読みこなす可能性を持っている人。
(4)教員および他の学生と、必要な研究・教育上のコミュニケーションを十分に取ることができ、相互研鑽の中で自他ともに成長できる人。

2.博士課程後期
博士課程前期への入学に必要な条件に加え、研究者としての自覚と展望を持ち、博士論文作成に向けて邁進できる人。

page top