文化史学科

教員紹介

上杉 富之教授

うえすぎ とみゆきTomiyuki Uesugi

文芸学部 / 文化史学科
職位:
教授
専門分野:
社会人類学
担当ゼミナール:
社会人類学(人類学で読み解く今日の社会と文化)
主な担当科目:
社会人類学、東南アジア地域研究
最近の研究テーマ:
新生殖医療技術時代の人類学
研究内容:
ここ 2 ~ 3 年は、東南アジア島嶼部マレーシア領サバにおける人の国際移動にともなう民族の生成ないし再編成と、新生殖医療技術に関する社会・文化的対応の国際比較(シンガポール、マレーシアを担当)に取り組んでいます。
略歴:
東京都立大学 社会科学研究科 社会人類学専攻
博士課程,1992年03月,単位取得満期退学,日本国
主要業績:
[著書]
『贈与交換の民族誌─ボルネオ・ムルット社会の親族と祭宴関係のネットワーク』(民博叢書 1) 大阪:国立民族学博物館 1999.

[編著書]
T. Uesugi and S. Mari(eds.), Glocal Perspectives on Intangible Cultural Heritage Local Communities, Researchers, States and UNESCO, with the Special Focus on Global and National Perspectives, Center for Glocal Studies, Seijo University, 2017.
『社会接触のグローカル研究』(グローカル研究叢書5),成城大学民俗学研究所グローカル研究センター,2016.
『グローカリゼーションと越境』(グローカル研究叢書4),成城大学民俗学研究所グローカル研究センター,2011.
『新生殖技術の実用化に伴う親子・家族・婚姻関係の再編に関する国際比較』,成城大学文芸学部・大学院文学研究科,2011.
『新生殖医療に起因する国境を越えた社会・文化的諸問題の実証的研究』成城大学文芸学部/大学院文学研究科,2008.
『新生殖医療技術に関する社会・文化的対応の国際比較』,(平成 12 〜 14 年度科学研究費補助金(基盤研究(A) (1)) 研究成果報告書,2003.
『現代生殖医療—社会科学からのアプローチ』世界思想社 2005.
Shamsul A.B. and T. Uesugi (eds.) Japanese Anthropologists and Malaysian Society : Comtributions to Malaysian Ethnography. National Museum of Ethnology 1998.

[訳書]
ジョージ・チョーンシー『同性婚—ゲイの権利をめぐるアメリカ現代史—』(共訳、明石書店、2006)

[主たる論文]
「社会接触のグローカル研究—グローバル化とオルター・グローバリゼーション—」上杉富之(編)『社会接触のグローカル研究』グローカル研究センター、2016.
「グローバル研究を超えて—グローカル研究の構想と今日的意義について—」『グローカル研究』(成城大学グローカル研究センター)創刊号、2014.
「ポスト生殖革命時代の親子と家族—多元的親子関係と相互浸透的家族—」『法律時報』(日本評論社)86 巻3 号、2014.
「複数化する親子と家族—ポスト生殖革命時代の親子・家族関係の再構築—」河合利光(編)『家族と生命継承—文化人類学研究の現在』時潮社、2012.
「一国民俗学、比較民俗学、そして世界民俗学へ—柳田國男の見果てぬ『夢』」『現代思想』第40 巻第12 号(臨時増刊号『総特集柳田國男『遠野物語』以前/以後』)、2012.
「非欧米社会における生殖医療の受容過程と実践— Culture, Medicine and Psychiatry誌2006 年特集号の概要紹介から—」『日本常民文化紀要』第28 輯、2010.
「『グローカル研究』の構築に向けて—共振するグローバリゼーションとローカリゼーションの再対象化」『日本常民文化紀要』第27 輯、2009.
「トランスナショナリズム研究の課題—人類学の観点から」小泉順二・栗本英世(編)『トランスナショナリティ研究』(第3 巻),2007.
「多元的親子論の可能性—『生殖革命』時代の新たな親子関係—」『日本常民文化紀要』26 輯,2007.
所属学会:
日本文化人類学会、東南アジア学会、日本オセアニア学会、比較家族史学会、日本民俗学会、王立人類学会(The Royal Anthropological Institute・連合王国),AJJ(Anthropology of Japan in Japan)

page top