文化史学科

ゼミナール紹介

  • 社会人類学(人類学で読み解く今日の社会と文化)

    上杉 富之

    本ゼミでは、日本や世界のさまざまな社会や文化について、ゼミ生各自の興味や関心に応じて個別に研究テーマやトピックを選定し、社会人類学の観点を交えて研究を進めてその成果を発表してもらい、議論を重ねています。

  • 文化人類学

    川田 牧人

    文化人類学のベーシックでスタンダードな手ほどきをします。専門論文の読み方、個人研究のすすめ方、調査報告の書き方などを習得し、最終的に卒業論文の執筆を指導します。

  • 中国社会文化論

    小澤 正人

    中国の社会全般を扱うゼミです。「中国とは何か」ということに、各自の興味や関心からアプローチしてもらえればと思っています。ゼミではそれぞれのテーマについて発表してもらい、それを全員で討論することを通して、中国についての理解を深めてゆければと考えています。

  • 地域自治論(生業論・環境論)

    小島 孝夫

    地域社会存立の前提であった世襲の家業が消失したことで、地域社会の維持は当該地域で「ともに生きたい」と願う人々の自律性に委ねられている。地域社会の現状と課題を民俗学視点から検証していく。

  • 日本史学(古代・中世)

    篠川 賢

    日本の古代史・中世史に関する卒業論文の指導をします。各自の報告を中心に演習形式で進めます。各自が本当に興味を持てるテーマを見出し、よく考えた卒業論文を書けるようにしたいと思います。

  • 日本史学(近世・近代史)

    外池 昇

    ゼミでは卒論の発表と討論に集中して、個別指導は教員研究室でゼミ以外の時間に行います。学期毎のコンパ等の他には史蹟見学や寄席見物に行ったり夏に御岳山(青梅市)に1泊で登ったりもします。

  • 民俗文化表現論

    俵木 悟

    日常生活における「表現する」文化に注目しながら、各自の関心にもとづいてテーマを定め、調査や研究の成果を発表し、討論をしています。研究対象は「民俗学っぽい」ものでなくても歓迎します。

  • 中国社会文化論

    劉 穎

    現代中国の言葉、文化、民間文学等を取り上げた学生のためのゼミです。それぞれの個性を生かして、楽しく議論しながら課題を選定し、研究方法を身につけ、将来にも役立つ考え方のまとめかたを学んでいきます。

page top