「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2018年度 秋冬講座
08) 国際関係のなかの日中戦争:ドイツを中心に

講師
法学部教授
田嶋 信雄
[たじま・のぶお]
定員
25名
受講料
12,000円
日程
火曜日 18:30~19:50 (講座:全6回)
(1) 11/6 (2) 11/13 (3) 11/20 (4) 11/27 (5) 12/4 (6) 12/11

法学部教授<br/>
田嶋 信雄<br/>
[たじま・のぶお]

講義内容

本講義では、第一次世界大戦終結(1918年)から第二次世界大戦終結(1945年)までの日本・中国・ドイツの関係を講述します。1920年代から満洲事変期、日中戦争期、太平洋戦争期にかけて、ドイツの東アジア政策は揺れ動きました。日中戦争をめぐる国際関係は、ドイツの動向に注目することで、よりよく理解できるでしょう。

<参考書>
田嶋信雄著『ナチス・ドイツと中国国民政府 1933-1937』東京大学出版会 4,500円+税
※参考書は、講義を聴く上ではとくに必要ありません。講義以上の学術情報を得たいという方のみ御覧下さい。

各回テーマ

(1) 序論 1920年代のドイツ・日本・中国

(2) 孫文・蔣介石の「中独ソ三国連合」構想と中国国民党の「連ソ容共」路線

(3) 中独条約(1936年4月)の成立と中国重工業建設3カ年計画

(4) 日中戦争の勃発と「防共協定強化交渉」

(5) 独ソ不可侵条約と日独伊三国同盟

(6) 欧州戦争・太平洋戦争と中独関係

講師紹介

専攻:国際政治史・比較政治学
著書:『ナチズム外交と「満洲国」』千倉書房 1992年。『日本陸軍の対ソ謀略』吉川弘文館 2017年。『日独関係史 1890-1945』東京大学出版会、2008年(工藤章と共編著)。『国際関係のなかの日中戦争』慶應義塾大学出版会、2011年(西村成雄・石島紀之と共編著)。『ドイツと東アジア 1890-1945』東京大学出版会、2017年(工藤章と共編著)。

教員紹介ページへ

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top