「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2017年度 秋冬講座
14) アジア各地の絵画の美しさを分析する

講師
文芸学部特任教授
中野 照男
[なかの・てるお]
定員
25名
受講料
12,000円
日程
木曜日 18:30~19:50 (講座:全6回)
(1) 10/19 (2) 10/26 (3) 11/9 (4) 11/16 (5) 11/30 (6) 12/7

文芸学部特任教授<br/>
中野 照男<br/>
[なかの・てるお]

講義内容

アジアや日本の各地で作られた絵画作品のいくつかを取り上げ、その美しさの秘密を分析することによって、それらを生み出した文化の背景に思いをはせ、その美しさを堪能する。

各回テーマ

(1) 絵画の技法や材料を分析する手法とその展開

(2) 園城寺蔵金色不動明王像(黄不動) — 感得像の意味

(3) チベット族の正月行事 — 宗教の道具に表われた民族の表象

(4) 日本における十二天像の図像とその展開

(5) 西大寺叡尊の思想と造形 — 民衆と力を合わせた造形

(6) 春画のたくらみ — 画と書き入れの言葉を一緒に楽しむ

講師紹介

専攻:東洋美術史(仏教絵画史、西域美術史)
福岡県生れ。九州大学大学院博士後期課程中退。東京国立博物館、東京文化財研究所の勤務を経て、平成26年より現職。仏教絵画の調査研究のほか、敦煌莫高窟などの石窟壁画の調査や保存修復、チベット文化圏の美術、工芸の調査にも携わった。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top