「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2017年度 春夏講座
11) 近代ヨーロッパ史のなかのキリスト教

講師
文芸学部教授
中野 智世
[なかの・ともよ]
定員
25名
受講料
12,000円
日程
水曜日 18:30~19:50 (講座:全6回)
(1) 5/10 (2) 5/17 (3) 5/31 (4) 6/7 (5) 6/21 (6) 6/28

文芸学部教授<br/>
中野 智世<br/>
[なかの・ともよ]

講義内容

世俗化のトップランナーとみなされてきた近代ヨーロッパ。しかし、その文化や生活習慣、制度や政策の基層には、今なおキリスト教の存在が垣間見えます。本講義では、19、20世紀のヨーロッパ史におけるいくつかのトピックを手がかりに、近代ヨーロッパとキリスト教の関係について、歴史的視点から考えてみたいと思います。

各回テーマ

(1) イントロダクション:近代ヨーロッパ史のなかのキリスト教

(2) 政治と宗教、国家と教会:フランス革命から「ライシテ」まで

(3) 近代世界におけるローマ教皇:対決か、和解か

(4) 社会のなかのキリスト教:教育・医療・福祉

(5) 戦争とキリスト教:二つの世界大戦、ナチズムと教会

(6) 現代ヨーロッパにおけるキリスト教:世俗化と「神々の帰還」とのあいだで

講師紹介

専攻:ドイツ、ヨーロッパ近現代史、社会史
近代ドイツをフィールドに、福祉、ジェンダーなど周縁的テーマからの社会史研究に取り組んできました。目下、近代ヨーロッパにおける「周縁」、カトリシズムをテーマに共同研究を進めています(近刊に、共編著『近代ヨーロッパとキリスト教—カトリシズムの社会史』勁草書房、2016年)。

教員紹介ページへ

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top