国文学専攻

人材育成の目的と3つの方針

人材育成の目的

国文学専攻では、古代から現代に至る国文学、国語学、漢文学に加えて西欧およびアジアとの比較文学といった関連領域の授業も設け、あらゆる時代、ジャンルの文学の研究に対応している。これによって、基礎的かつ広範な学識を身につけた人材を養成し、高度な能力を有する研究者あるいは専門的知識を備えた国語教員などの育成を目的とする。

課程の修了の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

次の条件を満たした者には、当該課程を修了したことが認められる。
1.博士課程前期:修士(文学)
(1)国文学の研究において自律的に研究活動を展開できる能力を有していること。
(2)自らの知見を他者に客観的かつ説得的に伝達するための理論構築と表現方法を身につけていること。
(3)教育機関、文化行政機関、研究機関、その他専門知識を必要とする諸方面において、自らの学問的営為や成果を踏まえて、適切な活動を展開する能力を身につけていること。

2.博士課程後期:博士(文学)
修士の学位に必要な条件に加え、より高度な専門性を身につけ、研究者として独創的な活動を展開できる能力を身につけていること。

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

次の方針で教育課程を編成し、実施します。
1.博士課程前期
(1)学生の国文学研究に関する自律的研究を強化する目的で、授業は講義形式とともに、基本的に学生の積極的参加に基づくゼミナール形式を重視します。
(2)多様な内容と形態の授業をそろえ、入学当初から最高位のレベルを目指し、国文学研究に関する思考力・理解力・表現力を養います。
(3)大学院生には研究指導を個別に受けることを保証し、各人のテーマに即して学術論文執筆の方法を指導します。
(4)カリキュラム編成の基本原理は、専門分野に関しては深く、関連分野に関しては広く知識を吸収することであり、そのため専攻間の垣根をできる限り低くすることにより、幅広い教養を身につけることを目指します。全研究科間での単位互換制度を導入しており、大学院生に大きな選択肢を与えています。
(5)授業は研究指導を含め、基本的にセメスター制とし、学生の興味関心に柔軟に対応するとともに、留学を容易にします。
(6)教職課程および学芸員課程の履修を可能にし、教員免許および学芸員資格を取得する機会を与えます。

2.博士課程後期
(1)学生の国文学研究に関する自律的研究を強化し、高度な専門性を身につけさせる目的で、授業は講義形式とともに、基本的に学生の積極的参加に基づくゼミナール形式を重視します。
(2)多様な内容と形態の授業をそろえ、自由で活発な議論を促し、発表能力の養成に努めます。
(3)大学院生には研究指導を個別に受けることを保証し、各人のテーマに即した博士論文執筆へと至る指導を行います。
(4)カリキュラム編成の基本原理は、専門分野に関しては深く、関連分野に関しては広く知識を吸収することであり、そのため専攻間の垣根をできる限り低くすることにより、幅広い教養を身につけることを目指します。全研究科間での単位互換制度を導入しており、大学院生に大きな選択肢を与えています。
(5)授業は研究指導を含め、基本的にセメスター制とし、学生の興味関心に柔軟に対応するとともに、留学を容易にします。
(6)教職課程および学芸員課程の履修を可能にし、教員免許および学芸員資格を取得する機会を与えます。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

次の条件を満たす人材を入学者として求めます。
1.博士課程前期
(1)学術論文を執筆するための基礎学力、柔軟かつ批判的に思考する能力および自律的に研究する能力を有する人。
(2)国文学研究について、旺盛な関心と探究心を有する人。
(3)研究の徒として自らの個性と能力を自覚し、人格の陶冶に努める人。

2.博士課程後期
博士課程前期への入学に必要な条件に加え、より高度で独創的な研究を遂行する素質に富み、その実現に熱意を持って取り組む人。

page top