人材育成の目的と3つの方針

成城大学の3つの方針

令和2年1月28日
学長決定

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

人材育成の目的に照らして定めた次の条件が満たされた者に対して卒業を認定する。

(DP1)幅広い教養および各学部・学科の専門知識・技能を身につけることで、筋道を立てて物事を俯瞰的に把握し、課題を発見・解決することができる。(知識・技能)

(DP2)社会の諸事象について主体的かつ総合的に判断できる能力を身につけている。(思考力・判断力・表現力)

(DP3)国際的な視野から世界と日本を見つめ、グローバル社会を生き抜くためのコミュニケーション能力を身につけている。(思考力・判断力・表現力)

(DP4)豊かな人間性を持ち、多様な人々と協力して社会に貢献する意欲と能力を身につけている。(主体性・多様性・協働性)

教育課程編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

ディプロマ・ポリシーに示された、知識・技能、思考力・判断力・表現力等の能力および主体的な態度等を具体的に身につけることができるように体系的にカリキュラムを編成し、実施する。
教育内容・方法については、次に定める内容に従う。

(1)教養教育(全学共通教育科目等)は、多様化する社会・文化の理解、批判的かつ創造的な思考力の育成、コミュニケーション能力の強化の3つの理念を実現するために、大学における学習・研究に必要な基礎的知識や技能、論理的な思考方法、総合的な判断力、グローバル化する社会に求められる実践的な外国語運用能力、データ分析力や就業力等を養成することを主たる目的とする。これらの目的を達成するため、講義、演習、実技、実習、フィールドワーク、課題解決型学習(PBL)等を体系的に組み合わせて、社会で活躍するために必要な幅広い教養と柔軟な思考を培うことを目指す。特に初年次には大学教育への導入・適応を促すための少人数制リテラシー科目を配置して、読解、表現、グループワーキングを実践し、クリティカルシンキングの方法を学ぶ。

(2)専門教育(専門科目)は、各学部・学科の方針に従い、講義、演習、実習、卒業論文・卒業研究、フィールドワーク、課題解決型学習(PBL)等を体系的に組み合わせて、大学における学習・研究に必要な専門的知識や技能、専門分野に関する課題発見・解決能力、提案および発信能力を効果的に修得させ、主体的に他者と協働する姿勢を涵養することを目指す。そのため、大学教育への導入に配慮しながら、参加型の科目を配置し少人数教育を実践する。

入学者の受け入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

本学の目的および各学部・学科における人材育成の目的を達成するために、次の条件を満たす人材を入学者として求める。

(AP1)高等学校の教育課程を通じて、大学での学修に必要な基礎学力を修得している者。(知識・技能)

(AP2)経済・社会・文化・歴史や人間に対して旺盛な関心を持ち、様々な情報に基づき考察を行い、その結果を他者にわかりやすく説明することができる者。(思考力・判断力・表現力)

(AP3)多様な文化・価値観の違いを認識し、他者を尊重し、主体的に協働する意欲を持つ者。(主体性・多様性・協働性)

入試区分 評価方法 (AP1) (AP2) (AP3)
一般選抜 独自選抜 学部別選抜(A方式) 筆記  
全学部統一選抜(S方式) 筆記  
大学入学共通テスト利用選抜(B方式) 筆記  
総合型選抜 書類  
小論文・読解力審査
面接
学校推薦型選抜 書類  
小論文
面接
 

※◎:特に対応している ○:対応している
※各選抜においては、これらの評価方法あるいはその他の方法により、多面的に学習成果を測定します。

page top