「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2017年度 秋冬講座
11) 旧東ドイツの生活と文化2 — 映像から旧東ドイツの市民生活を知る『善き人のためのソナタ』を中心に —

講師
成城大学非常勤講師
深川 美奈
[ふかがわ・みな]
定員
25名
受講料
12,000円
日程
木曜日 18:30~19:50 (講座:全6回)
(1) 10/5 (2) 10/12 (3) 10/26 (4) 11/16 (5) 11/30 (6) 12/14

成城大学非常勤講師<br/>
深川 美奈<br/>
[ふかがわ・みな]

講義内容

日本において国民の監視が強化されつつある現在、「監視社会旧東ドイツ」の実態と体制崩壊後の旧東ドイツ市民の「心の傷」について考察していきたい。その際、「オスタルギー(Ostalgie )」=東ドイツへの郷愁が手がかりになるであろう。安易に比較はできないが、我々の「昭和への郷愁」に近いものがあると考える。

各回テーマ

(1) 旧東ドイツにおける「一党独裁」とソヴィエト連邦

(2) 社会主義教育とナショナル・アイデンティティの形成

(3) 旧東ドイツにおける芸術(創作)活動

(4) 旧西ドイツへの人口流出と「ベルリンの壁」

(5) 市民運動とドイツ統一後のシュタージ関係者

(6) 旧東ドイツ独裁の過去の検証とナチ時代の「過去の克服」

講師紹介

専攻:ドイツ現代史
早稲田大学第一文学部ドイツ文学専攻卒業。成城大学、中央大学非常勤講師。旧西ドイツで3年間勤務し、帰国後は一橋大学大学院、東京大学大学院で学ぶ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。第二次世界大戦後のアメリカ占領下のドイツ社会、独米関係が研究テーマ。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top