「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2017年度 秋冬講座
16) 華麗なるハプスブルク帝国と皇帝ナポレオン

講師
文芸学部教授
富山 典彦
[とみやま・のりひこ]
定員
25名
受講料
12,000円
日程
金曜日 18:30~19:50 (講座:全6回)
(1) 10/6 (2) 10/13 (3) 10/27 (4) 11/10 (5) 11/24 (6) 12/8

文芸学部教授<br/>
富山 典彦<br/>
[とみやま・のりひこ]

講義内容

マリア=テレジアの長男ヨーゼフ二世の早すぎる死後、トスカナ大公として手腕を発揮した三男レオポルト二世がハプスブルク帝国を継いだのですが、彼もまたこの大変な時代に早世してしまいました。レオポルト二世には長男のフランツ二世より優秀な息子たちがいて、フランス皇帝ナポレオンとの戦いの時代を生き抜いたのです。ナポレオン失脚後はウィーン会議が開かれましたが、時代の流れを逆行させようとするウィーン体制とハプスブルク家の大公たちはどう関わったか、考えてみたいと思います。

各回テーマ

(1) 最後の皇帝フランツ二世と最初の皇帝フランツ一世

(2) ナポレオンに一矢報いたカール大公

(3) シェーンブルン宮殿のナポレオン

(4) 会議は踊るウィーンの栄光

(5) 幻のドイツ帝国とヨーハン大公

(6) 皇帝はフランツかヨーゼフか?

講師紹介

専攻:ハプスブルク帝国崩壊後のウィーンの文化
ハイネの『ローレライ』の歌に誘われてドイツ文学の世界に迷い込み、「人は努力するかぎり迷うものだ」というゲーテの『ファウスト』の神の台詞に励まされ、カフカの迷宮を彷徨したあと、ウィーンに暮らす機会を得て、今日に到りました。

教員紹介ページへ

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top