「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2016年度 春夏講座
13) 華麗なるハプスブルク帝国 — 咲く華、散る華、万華鏡 —

講師
文芸学部教授
富山 典彦
[とみやま・のりひこ]
定員
25名
受講料
12,000円
日程
金曜日 18:30~19:50 (講座:全6回)
(1)5/6 (2)5/20 (3)6/3 (4)6/17 (5)7/1 (6)7/8

文芸学部教授<br/>
富山 典彦<br/>
[とみやま・のりひこ]

講義内容

マリア=テレジアの16人の子どもたちの生涯を手短に説明し、最愛の夫フランツ一世の突然の死とその後のマリア=テレジア、そして二人の息子たち、ヨーゼフ二世とレオポルト二世へとハプスブルク帝国の舵取りが移る時代が今回のテーマである。フランス革命の火の粉が飛来するなか、この激動の時代をどのようにして乗り切ろうとしたか、その苦闘のあとをたどりたい。

各回テーマ

(1) マリア=テレジアの16人の子どもたち(1)

(2) マリア=テレジアの16人の子どもたち(2)

(3) フランツ一世の死と「女帝」

(4) 啓蒙専制君主ヨーゼフ二世の功罪

(5) 対岸の火事?フランス革命起こる!

(6) レオポルト二世の短かすぎる生涯

講師紹介

専攻:20世紀初頭のドイツ・オーストリア文学
大学案内の教員紹介欄に、私の専門は「ハプスブルク帝国の歴史と文化」と書かれてあるが、「歴史」を意味する英語・ドイツ語・フランス語はすべて「物語」の意味も含んでいる。いずれ、ハプスブルク帝国を生きた人々の「歴史=物語」の語り手になりたいと願っている。

教員紹介ページへ

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top