「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2015年度 秋冬講座
04) 日露交流論 — 19世紀前半を中心に —

講師
成城大学経済学部非常勤講師/東海大学名誉教授/日本スラヴ学研究会会長
土谷 直人
[つちや・なおと]
定員
25名
受講料
10,800円
日程
火曜日 18:30~19:50(講座:全6回)
(1)10/6 (2)10/20 (3)11/10 (4)11/24 (5)12/1 (6)12/15

成城大学経済学部非常勤講師/東海大学名誉教授/日本スラヴ学研究会会長<br/>
土谷 直人<br/>
[つちや・なおと]

講義内容

ロシア日本関係が、ウクライナ情勢により、更に停滞しているかにみえる現在、この国と日本人との関わりの歴史を想起し、考察を加えてみることは大いに意義のあることであろう。ロシア・日本交流論にも数多くの友情、恋愛、同情、裏切り、連帯、共同行為などのドラマティックな場面が登場する。これらを受講生の皆様と具体的に検証し、追体験しながら両国の社会体制、社会事情をきめ細かに比較し、映像表現の一部も参照しながら学習を深めて行きたい。

<参考書>
桂川甫周著『北槎聞略』岩波文庫 本体960円+税
大槻玄沢・志村弘強著『環海異聞』雄松堂出版 本体6,000円+税
井上靖著『おろしや国粋夢譚』文春文庫 本体580円+税
加藤九祚著『初めて世界一周した日本人』新潮選書 本体922円+税

各回テーマ

(1) 江戸幕府の対ロシア認識 ベニョフスキの来航

(2) 大黒屋光太夫と「北槎聞略」

(3) 仙台漂流民のロシア・世界一周旅行

(4) 仙台漂流民と「環海異聞」

(5) 仙台漂流民とレザノフの来航 松田伝十郎 間宮林蔵 南部五郎治

(6) ゴロヴニンの来航 高田屋嘉兵衛 ゴロヴニン「日本幽囚記」

講師紹介

専攻 : 中欧東欧地域研究 スラヴ文化史 比較文化論
長野市生まれ。東京大学大学院比較文学比較文化博士課程修了。ワルシャワ、モスクワ、オデッサ、ソフィア大学、ハーヴァード大学ウクライナ研究所等に通算4年以上遊学。
ポーランド・ロシア19世紀文学を中心としつつ、異文化体験と交流にも興味と関心を抱く。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top