「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2014年度 春夏講座
15) 英国留学で漱石が「得たもの、失ったもの」

講師
成城大学名誉教授 青木 健(あおき・けん)
定員
25名
日程
土曜日 13:00 〜 14:20  (講座 : 全 6 回) (1)5/17 (2)5/24 (3)5/31 (4)6/7 (5)6/14 (6)6/21

講義内容

漱石は、英国留学体験を「尤も不愉快の二年」と言いました。彼はなぜ留学体験に否定的なのでしょうか。一体彼は英国留学によって「何を得て、何を失った」のでしょうか。本講義では、漱石が過ごした当時のロンドンの姿を映像的資料を通して再現し、それらに対する漱石の反応を検証して、上記の問いに答えたいと思います。

各回テーマ

(1) 「尤も不愉快の二年」 — 漱石が体験した英国留学の特異性
(2) 漱石が見たロンドン — 近代化を確立した英国に対する漱石の反応
(3) 下宿変更の理由 — 各下宿の環境と漱石の思惑
(4) 漱石と日本人留学生の関わり — 池田菊苗、Y校グループ、その他
(5) 「夏目狂セリ」 — 漱石の神経衰弱の病跡
(6) 英国留学で漱石が「得たもの、失ったもの」 — 「自己本位」と英国留学の意義

講師紹介

専攻 : 18〜19世紀イギリス文学1941年生まれ。1969年東京教育大学大学院文学研究科修了。横浜市立大学を経て、1976年成城大学助教授。1984〜1985年ロンドン大学客員研究員。1989年成城大学教授。2012年成城大学を定年退職。現在、成城大学名誉教授。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top