「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2014年度 秋冬講座
14) ヒッチコック vs. 「フランスのヒッチコック」シャブロル — 罪、悪、愛 —

講師
文芸学部非常勤講師 小河原 あや(おがわら・あや)
定員
50名 
日程
土曜日 10:00 〜 12:00 (試写 :変則開始あり) (1)10/4 (2)10/18 (3)10/25 (4)11/8 (5)11/15 (6)11/22 土曜日 13:00 〜 14:20 (講義 : 全 6 回) (1)10/4 (2)10/18 (3)10/25 (4)11/8 (5)11/15 (6)11/22

講義内容

ヒッチコックにおける「罪、悪、(狂気の)愛」という問題を、「フランスのヒッチコック」と呼ばれるヌーヴェルヴァーグの監督クロード・シャブロルの映画と比較しながら考察します。毎回午前中に1本の映画を試写(無料)して、午後の講義ではその映画について解説・分析します。
<参考書>エリック・ロメール&クロード・シャブロル著『ヒッチコック』木村建哉・小河原あや訳、インスクリプト(2014年9月下旬刊行予定)

各回テーマ

(1) 疑惑と罪:ヒッチコック
(2) 疑惑と罪:シャブロル
(3) 悪の魅惑:ヒッチコック
(4) 悪の魅惑:シャブロル
(5) 愛と告白:ヒッチコック
(6) 愛と告白:シャブロル

講師紹介

専攻 : 映画美学・映画理論「映画は美を生ぜしめる」と述べたエリック・ロメールを中心に、クロード・シャブロルらフランスのヌーヴェル・ヴァーグ映画、彼らが敬愛したヒッチコックやジャン・ルーシュの映画を研究してきました。それらの映画を観るたびに、映像や世界観の「美しさ」に、ますます心惹かれていきます。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top