「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2014年度 秋冬講座
05) Reading and discussing Charles Dickens's "A Christmas Carol"

講師
文芸学部専任講師 Frances Causer(フランセス・コーザ)
定員
25名
日程
水曜日 18:30 〜 19:50 (講座 :全 6 回) (1)10/1 (2)10/15 (3)10/29 (4)11/12 (5)11/26 (6)12/10

講義内容

In one short novel Dickens wrote a beautiful and heart-warming tale of the redemption of the miser Scrooge, created the image of an ideal Christmas, and portrayed the vitality and flaws of Victorian London. As we approach winter, let's investigate the importance of Christmas as a midwinter festival, and see if Dickens's moral tale is still relevant to modern society. After our introductory class, please read the relevant chapter ahead of each class, and bring any queries or ideas you have to share. Then together we can discuss the points of linguistic, literary and cultural interest that arise from Dickens's story.
<テキスト>Charles Dickens著(notes by Michael Slater)『A Christmas Carol and Other Christmas Writings』Penguin Classics ISBN: 978-0140439052 1,040円程
※テキストは各自でお買い求めいただき、講座時にご持参ください。

各回テーマ

(1) Introduction: Dickens; our book; Christmas
(2) Stave (Chapter) One: pages 33-52
(3) Stave Two: pages 53-70
(4) Stave Three: pages 71-94
(5) Stave Four: pages 95-110
(6) Stave Five: pages 111-118; film versions of the book

講師紹介

専攻 : 英文学・比較文学オックスフォード大学卒業、ロンドン大学東洋アフリカ学院修士課程修了。1999年から成城大学で英文学、英語を教える。円地文子の文学、二言語主義(バイリンガリズム)についての論考を公刊。現在は、英語の詩や、<文学と都市>をテーマにした研究をしている。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top