「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2013年度 春夏講座
15) イギリスから見た幕末日本

講師
成城大学名誉教授 青木 健(あおき・けん)
定員
25名
日程
土曜日 13:00 〜 14:20 (講座 : 全 6 回) (1)5/11 (2)5/18 (3)6/1 (4)6/8 (5)6/15 (6)6/22

講義内容

これまで幕末・開国・維新の問題点の多くは日本側の視点から論じられてきました。この視点を外国側に移してみた時、それらはどのように見えてくるでしょうか?明治維新における社会的・政治的改革が概してイギリスをモデルにしたことを踏まえ、本講座ではイギリスから見た幕末日本の姿を浮かび上がらせたいと思います。

各回テーマ

(1) 19世紀初頭までのイギリスの日本観 —日本紹介の書物や日本に関する情報等に言及
(2) 日本を開国に導いたのがなぜアメリカなのか —当時のアメリカのアジア政策をイギリスのそれと比較して
(3) 「遣欧使節団」のイギリス訪問 —彼らはイギリスで何を見たか
(4) 攘夷思想と「生麦事件」 —イギリスの新聞はこの事件をどのように伝えたか
(5) 「薩英戦争」とイギリス議会の対応 —戦いの是非を巡っての論争
(6) 禁を犯して実施された英国留学 —留学生たちのロンドン生活とその後

講師紹介

専攻 : 19世紀イギリスの文化と文学1941年生まれ。1971年東京教育大学大学院英文学専攻修士課程修了。成城大学教授を経て、現在同大学名誉教授。専攻は19世紀イギリスの文化と文学。主な編著書に『ピクウィック読本』(東京図書)、訳書に『外国新聞に見る日本 —1852−1873』(毎日コミュニケーションズ)その他がある。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top