「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2013年度 春夏講座
04) 恋愛の発明? 中世フランスの詩と物語

講師
文芸学部准教授 高名 康文(たかな・やすふみ)
定員
25名
日程
火曜日 18:30 〜 19:50 (講座 :全 4 回) (1)5/7 (2)5/14 (3)5/21 (4)5/28

講義内容

11世紀末から12世紀末までの南仏のトルバドゥールの詩と北フランスの物語を翻訳で紹介し、解説します。特に当時の北フランスにおける文学・文化状況を概観することにより、歴史家セニョボスの「恋愛は12世紀の発明」という言葉の理解の仕方の一つを示したいと思います。写本の細密画も随時お見せします。
<参考書>原野昇編『フランス中世文学を学ぶ人のために』世界思想社2,415円(税込)

各回テーマ

(1) 恋愛の発明? トルバドゥール ギヨーム九世
(2) あまりに儚い恋人 『ローランの歌』におけるオードの死
(3) 民話と宮廷風恋愛の出会い マリー・ド・フランスの『レー』
(4) 恋する騎士ランスロ クレチアン・ド・トロワの騎士道物語

講師紹介

専攻 : 中世フランス文学大学院入学以来、『狐物語』におけるパロディーというテーマの研究で、12、13世紀フランスの物語作品を読んできました。この講座では、これまで『狐物語』がからかって扱っている対象として論じてきた宮廷風恋愛を、正面から見つめ直してお話しをしてみたいと思っています。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top