「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2013年度 秋冬講座
12) 諸芸の花束 — 17、18世紀オペラの魅力と問題 —

講師
文芸学部専任講師 赤塚 健太郎(あかつか・けんたろう)
定員
25名
日程
金曜日 18:30 〜 19:50 (講座 :全 6 回) (1)10/4 (2)10/11 (3)10/25 (4)11/8 (5)11/15 (6)11/29

講義内容

オペラはしばしば総合芸術と呼ばれます。確かにオペラでは、音楽や演劇、舞踏や美術など様々な芸術が手を結んでいます。しかし、時にそれらは摩擦や衝突を引き起こしてもきました。この講義では諸芸術の関係に注目しつつ、ジャンル成立の頃からモーツァルトが活躍した頃までのオペラの歴史を辿ります。

各回テーマ

(1) オペラの誕生と普及:エリートの実験から大衆の愉しみへ
(2) イタリア対フランス:各国におけるオペラ受容の様子
(3) 失われた英雄の声:カストラートの活躍と現代における上演の問題
(4) 18世紀におけるオペラの動揺:変化と改革の時代
(5) モーツァルトのオペラ:お馴染みの名作の背景とは?
(6) ロマン主義オペラへの道:継続と断絶

講師紹介

専攻 : 西洋音楽史成城大学大学院文学研究科にて音楽学を学び、現在は成城大学文芸学部芸術学科の専任講師、武蔵野音楽大学音楽学部の非常勤講師を務めています。研究者としては、バロック時代の舞踏や舞曲を主な研究領域としています。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top