「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2011年度 秋冬講座
13) いのちと法

講師
成城大学名誉教授 大沼 邦弘(おおぬま・くにひろ)
定員
25名
日程
金曜日 18:30 〜 19:50 (講座 : 全 5 回) (1)10/7 (2)10/21 (3)11/11 (4)11/25 (5)12/9

講義内容

人の生と死をめぐる法的な問題を検討する。
胎児を殺せば堕胎、人を殺せば殺人になるが、いつから胎児は人となるか、心臓移植は脳死を死と認めることで正当化されるが、脳死を死と認めてよいか、輸血拒否の患者に救命に必要な輸血をした医師の法的責任などの問題を取り上げる。

各回テーマ

(1)堕胎と人工妊娠中絶
(2)脳死と臓器移植
(3)輸血拒否
(4)重症新生児の選択的非治療
(5)死刑の是非

講師紹介

専攻 : 刑法・医事法2011年3月に成城大学法学部を定年退職。関東中央病院医療倫理委員会外部委員。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top