「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2011年度 秋冬講座
06) ハプスブルク家に生まれて — プリンスたちの幼少期 —

講師
文芸学部教授 富山 典彦(とみやま・のりひこ)
定員
40名
日程
水曜日 18:30 〜 19:50 (講座 :全 6 回) (1)10/5 (2)10/19 (3)10/26 (4)11/9 (5)11/16 (6)11/30

講義内容

以前、政略結婚の道具とされたハプスブルク家のプリンセスたちの足跡を追いかけたが、今回は、将来「帝王」になるべく育てられたプリンスたちを取り上げる。
「帝王学」も、時代とともに変化するが、この変化はまた、ハプスブルク帝国の歴史とも重なってくる。
「永遠のハプスブルク帝国」を、新たな光のもとに照らし出してみたい。

各回テーマ

(1)ハプスブルク家の幼児教育
(2)マクシミリアン一世:理想的な少年時代
(3)フェルディナント二世:敬虔なるイエズス会士
(4)マリア=テレジア:幸運な女性プリンス
(5)ヨーゼフ二世:待望の帝位継承者
(6)皇太子ルドルフ:悲劇のプリンス

講師紹介

専攻 : 近代オーストリア文学何の間違いか、大学案内のパンフレットにまで、自分の専門分野を「ハプスブルク帝国の歴史と文化」などと、誇大妄想に駆られて書いてしまいました。永遠のハプスブルク帝国は、それほどの魅力を放ち続けています。これからはハプスブルク帝国の一住民として生きていきたいとさえ思っています。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top