「成城 学びの森」コミュニティー・カレッジ

過去の講座

この講座は修了しました。

2010年度 秋冬講座
06) MADE IN JAPANの仏像

講師
文芸学部教授 岩佐 光晴(いわさ・みつはる)
定員
25名
日程
火曜日 18:30 〜 19:50 (講座 :全 6 回) (1)10/5 (2)10/12 (3)10/19 (4)10/26 (5)11/9 (6)11/16

講義内容

海外の優れた文物を積極的に受容し、それを洗練化させ、よりよいものを作り上げていくのは、今日まで続く日本文化の特色といえる。これは、別の言葉で表現すれば「何でも国産化を目指す文化」ともいえる。
本講座では、日本の仏像の歴史を「MADE IN JAPAN」をキーワードに国産化という視点から見直してみたい。

各回テーマ

(1)仏像国産化のはじまり
(2)白鳳彫刻
(3)大仏造立
(4)一木彫の成立
(5)寄木造の確立
(6)玉眼像の出現

講師紹介

専攻 : 東洋・日本美術史(彫刻史)1955年福島県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了。 東京国立博物館、文化庁勤務を経て現職。著書:『平安時代前期の彫刻』(至文堂)論文:「日本古代における木彫像の樹種と用材観Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」(共著『MUSEUM』555、583、625)など。

お問い合わせ

成城大学 企画調整室 (「成城 学びの森」事務局)
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467

page top