成城大学

成城大学

Twitter FaceBook instagram YouTube
CONTACT EN

英文学専攻

人材育成の目的と3つの方針

人材育成の目的

英文学専攻では、イギリス、アメリカ等の英語圏の言語・文学・文化の3つの領域を専攻する。主な研究内容は、現代英語の文法、英語教育学、イギリス文学、アメリカ文学、地域文化、現代文化、比較文化などである。博士課程前期では、中学・高校の英語教員をはじめ、様々な分野で活躍する、高い専門的知識と国際的な視野を備えた人材を育成し、博士課程後期では、専攻した分野の研究者を育成することを目的とする。

課程の修了の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

次の条件を満たした者には、当該課程を修了したことが認められる。
1.博士課程前期:修士(文学)
(1)英語の運用に十分に習熟し、英語学、英語文学、英語文化に関する専門的な内容についての的確な理解力・表現力を備えていること。
(2)英語学、英語文学、英語文化に関する専門的な知識を修得し、それらの研究方法に実践的に習熟し、各自の研究に応用できること。
(3)英語学、英語文学、英語文化の各分野において、最先端の知識の十分な理解のうえに、独自の調査・分析・考察に基づく研究を構築し、遂行することができること。
(4)歴史的・国際的視野のもと、専門的な職に従事する社会人としての責任を自覚し、専門家として社会の発展に創造的に貢献する志を養っていること。

2.博士課程後期:博士(文学)
(1)英語の運用にきわめて習熟し、英語学、英語文学、英語文化に関する高度な専門的な内容についての理解力・表現力を備えていること。
(2)英語学、英語文学、英語文化に関する高度な専門的な知識を修得し、それらの研究方法に実践的に習熟し、各自の研究に応用できること。
(3)英語学、英語文学、英語文化の各分野において、独創的な調査・分析・考察に基づいて、最先端の知識の創造・応用のための研究を構築し、遂行することができること。
(4)歴史的・国際的視野のもと、高度な専門的な職に従事する社会人としての責任を自覚し、専門家として社会の発展に創造的に貢献する志を養っていること。

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

課程の修了の認定に関する方針に示した能力を身につけるため、次の方針で教育課程を編成し、実施します。
1.博士課程前期
(1)修業年限の2年間、授業を通して専門的な知識を教授するとともに、研究指導担当教員の定期的な個別指導によって、個々の課題に取り組み、修士論文の作成を行う指導を行います。
(2)自律的研究能力を養成する目的で、授業は講義形式とともに、受講者の積極的発表と議論に基づくゼミナール形式を重視します。
(3)英語学、英語文学、英語文化に関する専門的な研究を行うための知識と方法を習得するために、質量ともに十分な授業科目を配置し、受講者の個性および研究内容を尊重した授業運営を行います。
(4)英語学、英語文学、英語文化に関する英語のみを用いたネイティヴ・スピーカー等による専門的内容の授業科目を設けます。
(5)英語で修士論文を作成するためのアカデミック・ライティングの指導を行うネイティヴ・スピーカー等による授業科目を設けます。
(6)授業内での研究発表を通じて、発表能力の向上に努めます。また、発表後の質疑応答、ディスカッションの訓練を行い、専門的な議論のできる英語力やアカデミック・スキルズを養成します。
(7)多様化する現代世界・現代社会を理解し、受容し、広く社会で活躍するために必要な多様な知見を得られるよう、他専攻の授業科目の履修を推奨します。
(8)本研究科の成城大学文芸学部英文学科在学生のための科目等履修生として優秀な成績をあげた者については、一定の要件のもとに、1年間の在籍で博士課程前期を修了できる早期修了制度を設けます。
(9)教職課程および学芸員課程の履修を可能にし、教員免許および学芸員免許を取得する機会を与えます。

2.博士課程後期
(1)修業年限の3年間、授業を通して専門的な知識を教授するとともに、研究指導担当教員の定期的な個別指導によって、博士論文の作成を行う指導を行います。毎回の研究指導では、博士論文の基となる小論文の執筆を課題とし、その批評と検討で進めます。
(2)自律的研究が遂行できるよう、授業は講義形式とともに、受講者の積極的発表と議論に基づくゼミナール形式を重視します。
(3)英語学、英語文学、英語文化に関する専門的な研究を行い、将来それを生かした専門的な職業に従事できるよう、質量ともに十分な授業科目を配置し、受講者の個性および研究目的、研究内容を尊重した授業運営を行います。
(4)英語学、英語文学、英語文化に関する英語のみを用いたネイティヴ・スピーカー等による専門的内容の授業科目を設けます。
(5)授業内での研究発表を通じて、発表能力の向上に努めます。また、発表後の質疑応答、ディスカッションの訓練を行い、高度な専門的議論に耐える英語力やアカデミック・スキルズを養成します。
(6)国内及び海外での学会、研究会、会議等での発表を推奨し、そのための指導を行います。
(7)教職課程および学芸員課程の履修を可能にし、教員免許および学芸員免許を取得する機会を与えます。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

次の条件を満たす人材を入学者として求めます。
1.博士課程前期
(1)学術論文を執筆するための専門的学力、柔軟かつ批判的に思考する能力および自律的に研究する能力を有する人。
(2)英語学、英語文学、英語文化の各分野について、旺盛な関心と探究心を有する人。
(3)自らの個性を自覚し、それを伸長させることに意欲的である人

2.博士課程後期
博士課程前期への入学に必要な条件に加え、より高度で独創的な研究を遂行する素質に富み、その実現に熱意を持って取り組む人。