成城大学

成城大学

Twitter FaceBook instagram YouTube
CONTACT EN

キャリアサポートプログラム澤柳塾
学生・卒業生インタビュー

「働く」を初めて学ぶ場所!?キャリアサポートプログラム澤柳塾・卒業生インタビュー

「澤柳塾とは社会人への0歩目です」そんなお話をいただいたのは、澤柳塾卒業後、大手企業に勤める小林さん。

大学初年次向けに展開される澤柳塾のリアルに迫るために、卒業生の小林さんと、就職活動を終えた大学4年生佐藤さんにインタビューをしていきたいと思います。

「1年間のプログラムが就活や社会で働くにあたってどのように役立つのか?」大学生活何かに挑戦したい!大学生活の過ごし方に迷っている!就活や働くに対する不安がある!そんな学生は必見です。

インタビュー対象者・プロフィール(2021年3月現在)
小林寛紀(こばやし ひろのり)さん:経済学部経済学科卒業後、NECへ就職。社会人1年目。
佐藤江里子(さとう えりこ)さん:経済学部経済学科4年生。メーカー系IT企業に内定。

活躍する社会人と出会える場所

—澤柳塾で、印象に残っている授業はありますか?
 
佐藤:ゲストとして卒業生の方に来ていただいた授業が印象に残っています。働くのはお金のためだと思っていた「働く」に対してのイメージが変わった授業でした。澤柳塾では、前期・後期含めて10名以上の社会人の方と出会う機会があるのですが、そこで出会った社会人の方々は、夢や目標を持って、仕事はそれを叶える1つの手段として働かれていました。それから私も、「夢や目標をもって働けたら楽しいだろうなぁ」と思うようになりました。
 
小林:社会人ゲストの方の「やりたい!と思ったことは、やったほうがいい」というメッセージが印象に残っています。社会人の方の話を聞いてみても、「自分でやってみないとよく分からない」と感じたこともあって、長期インターンを始めたんです。大学生活の中で長期インターンや2か月間海外旅行へ挑戦するきっかけになったと思います。そういう挑戦が、自分の価値観や働くに対しての考え方を変えたんじゃないかなと思います。

自分と向き合う時間

—澤柳塾での一番の学びは何ですか?
 
佐藤:「自分がどんな人間か」が何となくわかったことです。「自己分析」の授業の グループワークの中で、自分では短所だと思っていた「好奇心旺盛すぎる」という部分が他人からみたら長所に見えるということがあって新鮮でした。第三者からみてどんな風に見えているのかを意識するって大事なんだなという学びがありました。

就活や社会人の疑似体験

—毎年実施するPBL※は、初めての企業と協働するプロジェクト経験だったと思います。PBLで大変だったこと、気づきはありましたか?


小林:PBLは楽な授業ではありませんでしたね‥(笑)アイデアを施策として打ち出すことやメンバーと一つの成果物を出すことが難しかったです。学生視点で、どのように事業を展開していけばいいか分からない“もがき”みたいなものがありました。

—それは、どうやって解決したのですか?

小林:とにかく、意見をすり合わせていくことですかね。自分が持っていない考えや発想をカタチにしていく大変さと面白さを感じましたね。
 
佐藤:私も、様々な背景のあるメンバーが集まる中で「どんな風にチームを作っていけばいいか?」「どんなコミュニケーションをすべきか?」など、悩みましたね…。 PBLの最終プレゼンで、社会人の方から本音のフィードバックをいただいたことが記憶に残っています。「私のアイデアは、まだまだ子どもっぽくて通用しないんだな」という学びになりました。 大変だったからこそ、最後のプレゼンでいただいたフィードバックが「すごいね!頑張ったね!」ではない、リアルな意見だったことがとてもありがたかったです。
 

※PBL=Project Based Learningの略。「問題解決型学習」「課題解決型学習」と言われ、生徒・学生が自ら問題を見つけ、さらにその問題を自ら解決する能力を身に付ける学習方法のことを指す。澤柳塾では、産学連携PBLを実施しており、問題(お題)は企業側から提示される。
※当時は下北沢の地域活性に取り組む企業から「下北沢の魅力を発信するための広報記事作成」、大手IT企業から「AI英語学習ロボットの大学での活用方法の検討」がPBLテーマとして提示された。

澤柳塾での学びは就活や社会でどう活きる?

—仕事(就活)やキャリア選択の中で、澤柳塾での経験・学びが活きていると感じることがあれば教えてください。
 
佐藤:チームビルディングという面でも、自分と向き合うという面でも、就活や社会人としての考え方を練習できたように思います。普通は大学3年生の就活時に始めると思うのですが、大学1・2年生でここまでがっつりしたグループワークをする機会、複数人で自己分析をする機会は中々ないと思います。
 
小林:諦めないことですかね。期限がある中で、チームメンバーと中間目標を設定しながら物事を進めた経験が社会人生活で活きていると思います。

2人にとっての澤柳塾とは?

—澤柳塾に参加する価値って何だと思いますか?
 
小林:社会人へ向けた0歩目ですかね。学生から社会人にならざるを得ない「社会人へ向けた一歩目」の機会は、就職活動時に必然的に出てくると思うのですが、そこへ向けた準備運動だったように思います。
 
佐藤:自分の視野を広げられる場所です。理由は2つあって、1つ目は、自分を知る機会になったからです。自分の得意・不得意、やりたいことが分かったことで、次のステップの行動ができたと思います。2つ目は、社会を知る機会になったからです。社会人と会って話を聞くことで、やりたいことを見つけるきっかけになりました。

大学生活を後悔しないために

—参加しようか迷っている新1年生にアドバイスをお願いします!


佐藤:大学生活の中では、何でも挑戦してみてほしいなと思います。色々やってみて、「違うなぁ」と思ったらやめればいいし、「いいなぁ!」と思ったなら続けてみるという選択ができるのも大学生の特権だと思います。いろんなきっかけを得られる澤柳塾でも、「まずやってみる!」という挑戦をしてみてください!

小林:高校時代や受験でうまくいかなかったりした人、大学生活に不安を感じていることがある人は、ぜひ受けてみてほしいなと思います。他にもやりたいことがある大学生活の中で、澤柳塾に時間をとる価値はあると思います。大学生活のスタートダッシュとして、挽回出来るチャンスは、ここ澤柳塾です!

澤柳塾について

成城大学では10年以上前からキャリア支援に力を入れています。「澤柳塾」では、成城大学がこれまで培ってきたノウハウと、大学キャリア教育支援を行うOriginal Point(株)がこれまで企業研修で培ってきたノウハウを掛け合わせて、社会で必要な力や将来の選択肢を知る機会、また経験の中で自分の価値観や強みを磨く機会を1年間に渡って提供しています。

「澤柳塾」紹介動画

2021年度のプログラム概要を知りたい方や、お申し込みはこちらから!
https://forms.gle/pTUTXS76J5ZrhjDQ9

澤柳塾インタビュー記事