成城大学

成城大学

Twitter FaceBook instagram YouTube
CONTACT EN

「成城 学びの森」オープン・カレッジ

講演紹介

2021年度
第1回オンデマンド講演会
バッタを弔い、道路を供養する 〜深淵なる日本人の供養心に迫る〜

講演者
鵜飼 秀徳 氏(正覚寺住職、一般社団法人良いお寺研究会代表理事、東京農業大学・佛教大学非常勤講師など)
定員
本講演会は「せたがやeカレッジ」の指定講座として動画配信いたします。
日程
配信中 ※講演会動画は本ページ下にある「講演会動画はこちら」ボタンからご視聴いただけます。

鵜飼 秀徳 氏(正覚寺住職、一般社団法人良いお寺研究会代表理事、東京農業大学・佛教大学非常勤講師など)

講義内容

針供養や人形供養などにみられるように、古来より日本人は生物、無生物を問わず様々なモノを供養してきた。各地には動物の墓や虫塚、あるいは魚類、はたまた爬虫類や菌類、植物まであらゆる供養碑が存在する。本講義では、現地調査してきた講師が、様々な供養碑の謎を解き明かす。世にも珍しい道路や橋の墓や、迷子郵便の墓、害虫の葬式まで。人間以外の供養を通じて、「日本人と弔い」について議論する。

講師紹介

京都市嵯峨の正覚寺に生まれる。成城大学文芸学部マスコミュニケーション学科卒業後、新聞記者、雑誌編集者を経て2018年に独立。ジャーナリスト兼僧侶の立場で「宗教と社会」をテーマに取材、執筆、講演などを続ける。著書に、『寺院消滅 失われる「地方」と「宗教」』(日経BP)や『仏教抹殺 なぜ明治維新は寺院を破壊したのか』(2018年)『ペットと葬式 日本人の供養心をさぐる』(朝日新書)など多数。近著に『お寺の日本地図 名刹古刹でめぐる47都道府県』(文春新書)。正覚寺住職、一般社団法人良いお寺研究会代表理事、東京農業大学・佛教大学非常勤講師など。
自坊の正覚寺の三十三世住職を務める傍ら、ノンフィクション作家として活動。近年は、北方領土から沖縄の離島まで、全国の寺院(跡)を現地取材して回っている。その数3000以上。寺院とは何かを問い続け、社会と仏教界とをつなぐ活動を続けている。

お問い合わせ

「成城 学びの森」事務局
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 Tel.03-3482-9031 Fax.03-3482-9467