2018(平成30)年度 科学研究費助成事業交付決定一覧[成城大学]

2018(平成30)年度 科学研究費助成事業交付決定一覧

研究種目 代表研究者  研究課題名 
基盤研究(B) 塚原 英敦
経済学部 教授
金融・保険分野におけるリスク管理のための統計的手法の展開
基盤研究(B) 岩佐 光睛
文芸学部 教授
東アジアにおける木彫像の樹種と用材観に関する調査研究
基盤研究(B) 小島 孝夫
文芸学部 教授
生活変化/生活改善/生活世界の民俗学的研究—日中韓を軸にした東アジアの比較から
基盤研究(B) 中野 智世
文芸学部 教授
近代ヨーロッパにおけるカトリシズムの変容と持続をめぐる社会史的考察
基盤研究(B) 川﨑 恭治
法学部 教授
国際経済協定に基づく貿易と投資の紛争解決基準と国家の公共政策空間の横断的研究
基盤研究(B) 町村 泰貴
法学部 教授
民事紛争処理手続における情報の利用と保護の両立
基盤研究(B) 山本 輝之
法学部 教授
刑事政策と精神科医療
基盤研究(C) 浅井 良夫
経済学部 教授
1950~60年代における日本の開発と世界銀行
基盤研究(C) 新井 学
経済学部 准教授
言語理解における処理負荷の要因と抑制機能の役割の解明
基盤研究(C) 庄司 匡宏
経済学部 准教授
ソーシャルキャピタルの形成と減退:被災地の家計データおよび心理実験を用いた検証
基盤研究(C) 竹田 泉
経済学部 教授
17-19世紀におけるヨーロッパ繊維産業の繊維横断的研究
基盤研究(C) 塘 誠
経済学部 教授
日系現地法人の財管分離に関する研究
基盤研究(C) 林 幸司
経済学部 准教授
近代中国における銀行家の誕生と経済制度転換:宣教・高等商業教育との関連から
基盤研究(C) 牧野 陽子
経済学部 教授
ウィリアム・グリフィスの日本観の研究
基盤研究(C) 増川 純一
経済学部 教授
異なる取引時間スケールをもつ投資主体の相互作用による株式市場の不安定化メカニズム
基盤研究(C) 上杉 富之
文芸学部 教授
「共同養育」(co-parenting)が先導する新たな家族に関する人類学的研究
基盤研究(C) 大谷 節子
文芸学部 教授
京観世五軒家旧蔵資料の基礎的研究
基盤研究(C) 津上 英輔
文芸学部 教授
古代音楽像に写し込まれた理想:思想家ジローラモ・メーイの音楽観の全容解明
基盤研究(C) 俵木 悟
文芸学部 教授
民俗芸能における共同的創造のプロセスに関する実証的研究
基盤研究(C) 南 保輔
文芸学部 教授
薬物依存者の「回復」コミュニティのミクロ社会学的研究
基盤研究(C) 吉田 直希
文芸学部 教授
18世紀イギリス公共圏におけるトラヴェルライティングと感受性に関する歴史的研究
基盤研究(C) 川村 晶彦
社会イノベーション学部 教授
ポライトネス指導のための日英対照ユーモア研究
基盤研究(C) 新垣 紀子
社会イノベーション学部 教授
イノベーションの萌芽プロセスモデルの検討
基盤研究(C) 中村 國則
社会イノベーション学部 教授
知ること・教えることの値段:情報の価値の心理学的検討
基盤研究(C) 西原 和久
社会イノベーション学部 教授
沖縄独立研究と琉球社会憲法の国家観—沖縄県人・県系人にみるトランスナショナリズム
基盤研究(C) 村田 光二
社会イノベーション学部 教授
複数の視点取得と向社会的動機づけが新商品開発課題における創造性に及ぼす影響
基盤研究(C) 関口 由彦
民俗学研究所 研究員
アイヌの日常的エスニシティの再編と多文化共生社会に向けた民族誌的研究
基盤研究(C) 森 和
民俗学研究所 研究員
出土数術文献と中国古代社会
基盤研究(C) 毛利 三彌
名誉教授
近代日本演劇の成立と発展過程におけるイプセンの理解と影響の再検討
基盤研究(C) 中根 美知代
非常勤講師
量子力学の日本への移入と物性分野の展開に関する歴史研究
若手研究(B) 平野 創
経済学部 准教授
日本のコンビナートの歴史的考察
若手研究(B) 標葉 隆馬
文芸学部 准教授
メディア分析による萌芽的科学技術のリアルタイム・テクノロジーアセスメントの研究
若手研究(B) 時田 郁子
文芸学部 准教授
亡命期デーブリーンの自然哲学
若手研究(B) 足立 友子
法学部 准教授
詐欺罪と組織的詐欺罪の適用をめぐる考察—振り込め詐欺と悪徳商法に注目して—
若手研究 久保田 達也
社会イノベーション学部 准教授
予想外の技術発展が起きるメカニズムの解明:問題解決プロセスの視点から
若手研究 荒木 慎也
非常勤講師
美術大学におけるプロジェクト参加型実技教育の研究

page top