成城大学

成城大学

Twitter FaceBook instagram YouTube
CONTACT EN

NEWS

  • 2021.03.26

    みんなで祝える喜びを胸に —令和2年度学位記授与式 —

3月23日(火)、成城大学・大学院の学位記授与式が行われ、合計1,492人が成城大学から巣立っていきました。密を避けるため、学部ごとに式を4回に分けて行い、卒業生・修了生と限られた教職員のみが会場に参列して開催しました。今回は初の試みとして会場となった澤柳記念講堂からライブ配信し、ご家族の方も画面を通して式の様子をご覧いただけるようにしました。
体調不良により欠席した戸部学長の代わりに、副学長の杉本義行教授より学位記の授与、学長式辞の代読が行われました。戸部学長の式辞ではギリシャ神話のヘシオドスの物語の「英雄的生き方」について取り上げ、「混迷の時代を英雄として生きるためには、恥と咎めへの畏敬を忘れずに、自らの判断で自らの規制を生み出す必要がある。正しき恥と正しき咎めを判断する理知を備えて生きるのが現代の英雄的生き方。他人の声を聞く力、理性的に成否を判断する力をみなさんに教授したつもりでいます。」との言葉が贈られました。
どんな災いにも、大学生活で培ったの礎に自ら考え、判断することで乗り越え、懸命に人生を歩んでほしい」とメッセージが贈られました。
この1年、遠隔授業や少人数での対面授業が続き、直接顔を合わせることができませんでしたが、本日、4年生がそろってこの晴れの日を祝うことができました。成城大学で得たもの、全てを胸に、これからも社会で羽ばたいてください。ご卒業おめでとうございます。