NEWS

  • 2020.04.28

    在学生の皆さんへ

 新型コロナウイルス感染症の流行に終息の兆しが見えない現在、成城大学は学生の皆さんの安全を保障するために、また感染拡大防止の責務を果たすために、キャンパスを封鎖した状態にあり、皆さんには多大な不便をおかけし、大変申し訳なく思っております。全教職員が皆さんからの相談に耳を傾け真摯に回答する、それが成城大学の日常であり、その交流を通じての学びこそが成城教育であると確信しているところですが、コロナウイルスによって、キャンパスから交流の風景が奪われたことは残念でなりません。現在は大学公式ホームページ、Campus Square for WEBを通じて様々な情報をお届けすることしかできません。互いの顔が見えない伝達ツールですが、今はこれを頼りにして、5月13日の開講を皆さんがスムーズに迎えられるよう、是非とも発信された情報に注意を払っていただきたいと、強く願っております。
 すでにご案内の通り、今年度前期は、全ての授業を遠隔授業で行うことといたしました。登校はせず、基本的には自宅にてPCやタブレット等で授業を受けることになります。成城大学としても初めての試みであり、授業提供がスムーズにいくことを祈るばかりですが、対面授業以上にきめ細かい資料の提供や、自宅で学習できるという遠隔授業の利点を活用しながら、対面授業に劣らぬ教育を展開するために、全教員がその準備に邁進しているところであることを報告させていただきますと同時に、遠隔授業の円滑化に不可欠なネットワーク環境の整備に関し、皆さんへの学習機会の支援を策定しているところです(遠隔授業に関する支援、図書館利用に関する支援など)。具体的なことが決まり次第、あらためてホームページ等でお知らせいたします。
 やがてAFTER CORONAと呼ばれる「新しい世界」が訪れるのでしょうか。ウイルス禍は確かに私たちの思考方法に、生活方式に、そして価値観に少なからぬ影響を与えています。この災厄が終わっても、影響は続くかもしれません。私たちは—特に若い皆さんは—何かが大きく変質した(かもしれない)世界をよき方向へと導いていかねばなりません。そのための知恵を蓄えるべく、不便な「今」を精一杯、生きていきましょう。
 困っていることがあれば、いつでも大学の各部署に相談してください。

令和2(2020)年4月28日
成城大学学長 戸部 順一

page top