NEWS

  • 2020.03.17

    文部科学省「令和元年度私立大学等改革総合支援事業」に選定されました

この度、成城大学が参画する世田谷プラットフォームの取組みが、文部科学省の補助事業「令和元年度 私立大学等改革総合支援事業」におけるタイプ3「地域社会への貢献」(プラットフォーム型)に選定されました(令和2年2月27日付文書により通知)。

本補助事業は、大学間、自治体、産業界等との連携を進めるためのプラットフォーム形成を通じた大学改革の推進を支援するもので、世田谷プラットフォームは、昨年度も同事業のタイプ5(発展型)に選定されており、これで2年連続の選定となりました。

世田谷プラットフォームは、今後とも関係機関と連携のうえ、中長期計画に掲げた取組みを推進し、地域社会への貢献に努めて参ります。

「私立大学等改革総合支援事業」
特色ある教育研究の推進や、産業界・他大学等との連携、地域におけるプラットフォームを通じた資源の集中化・共有など、役割や特色・強みの明確化に向けた改革に全学的・組織的に取り組む大学を重点的に支援する事業。

「世田谷プラットフォーム中長期計画」
http://setagaya-univ.jp/cms/wp-content/uploads/2019/09/koukai2.pdf

page top