イベント

  • 前の記事
  • 成城大学グローカル研究センター主催シンポジウム
    グローカリゼーションとアート
    —アートと美術館を巡るシンポジウム、展示、パフォーマンス
    開催日:2020.03.07

  • 次の記事

このたび成城大学グローカル研究センター主催で、アートをめぐる下記シンポジウムを開催いたします。研究者の講演に加えて、アーティストによる作品の展示、解説、パフォーマンスが行われます。みなさまご参会いただけますよう、ご案内申し上げます。なお参加申し込みは不要です。
*本シンポジウムは文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」の一環として開催されます。

成城大学グローカル研究センター主催 シンポジウム

グローカリゼーションとアート
—アートと美術館を巡るシンポジウム、展示、パフォーマンス

成城大学グローカル研究センター主催シンポジウム「グローカリゼーションとアート ——アートと美術館を巡るシンポジウム、展示、パフォーマンス」

日 時:2020年3月7日(土)14:00-17:30
場 所:成城大学 3号館2階 322教室
    成城大学へのアクセス(小田急線「成城学園前」下車徒歩4分)
主 催:成城大学グローカル研究センター(CGS)
使用言語:日本語

お問い合わせ先:

成城大学 グローカル研究センター
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20
TEL:03-3482-1497 FAX:03-3482-9740
E-mail: glocalstudies[at]seijo.ac.jp
*メール送信時には[at]を@に置き換えてください。

プログラム:

講演
 1. 荒木 善太(青山学院大学)
 2. 北山 研二(成城大学)
トーク
 片山 春子(アーティスト)
パフォーマンス
 大串 孝二(アーティスト)
ディスカッション

企画趣旨:

18世紀後半以降、アート作品の場が個人コレクションから美術館(博物館も含む)での一般公開へと移行するにしたがい、アート制作は、その表現のテーマ性にあっても美的志向にあっても美術館によって管理され続け、ある種の信仰に似たイメージの崇拝が進んだ。それに対して、同じテーマ性や美的志向を持つアーティストたちがグループ展等を組織していき、その動きはヨーロッパ以外にも拡大した。しかし、こちらはこちらで逸脱を許さないため、アートの新展開が難しくなっていた。だが、デュシャンが再評価される60年代以降は、美術館(ギャラリーも含む)を空洞化するか、そこから抜けだして多様な展示やパフォーマンスが増えてきて、アートのそうしたイマジネール化が進んでいる。では、はたしてアートは美術館がなくても成り立つのだろうか。

イベント一覧

page top