NEWS

  • 2019.12.24

    成城大学共通教育研究センター主催 第11回WRDプレゼンテーションコンテストが開催されました

 12月14日(土)、共通教育研究センター主催による「第11回WRDプレゼンテーションコンテスト」が開催されました。「WRDプレゼンテーションコンテスト」は、本学の全学共通教育科目「WRD」における成果発表の場として活用してもらうために2009年度から開催され、今年度で11回目を数えます。
 このコンテストでは、決められたテーマから自由に発想してテーマを設定し、10~15分程度のプレゼンテーションをしてもらうのを競うものです。今回は、「広い(広がる・広げる)」というテーマのもと、5クラス6チームが出場しました。
 コンテストの結果、各チームのプレゼンテーションテーマは、以下の通りです。

◆優勝 もぐもぐ(文芸WRDⅡ<D>5)
     ・テーマ 『食の自由を広めよう』

◆準優勝 LIAR(経済・法・社会WRD4)
     ・テーマ 『情報が広がる—SNS上におけるステルスマーケティング—』

◆第三位 旧慣用句(文芸WRDⅡ<D>4)
     ・テーマ 『スタンリー・キューブリックと一点透視図法から見る映画における空間の広がり』

◆努力賞 ちゃりん(文芸WRDⅡ<D>5)
     ・テーマ 『日本でキャッシュレスを広げよう』
     も~(文芸WRDⅡ<D>3)
     ・テーマ 『香港デモの広がりの要因とは』
     ROOSTERS(文芸WRDⅡ<D>2)
     ・テーマ 『情報拡散における画像メディアの有用性』

page top