成城大学

成城大学

Twitter FaceBook instagram YouTube
CONTACT EN

NEWS

  • 2022.06.09

    経済学部 定行泰甫准教授の論文が週刊『東洋経済』で紹介されました

英文雑誌 Energy Economics に掲載された定行泰甫准教授の共著論文 “Do regional emission trading schemes lead to carbon leakage within firms? Evidence from Japan” が 週刊『東洋経済』6/4号で紹介されました。この論文は、東京都と埼玉県で導入された排出量取引規制に直面する企業は、排出取引規制のない他県の事業所でもCO2を減らしていることを実証的に明らかにしたものです。直感と反する結果ですが、排出量取引規制の導入によってエネルギー効率性ギャップ(企業内の非効率なエネルギー消費)が改善した可能性を示唆する研究となっています。

記事のリンク先

論文のリンク先