成城大学

成城大学

Twitter FaceBook instagram YouTube
CONTACT EN

NEWS

  • 2021.08.05

    経済学部落合日南さん 性暴力のない社会をめざすピンバッジ・デザイン・コンテストで準グランプリを受賞

 経済学部経営学科3年生の落合日南さんが「学校から広めよう、アクティブバイスタンダー-性暴力から目をそらさないために- ピンバッジ・デザイン・コンテスト」に応募し、準グランプリを受賞しました。
 本コンテストは慶應義塾大学の学生有志団体が主催し、性暴力のない社会を目指すうえで、加害者・被害者ではない第三者(バイスタンダー)の重要性を啓発するものです。全国の学生からピンバッジのデザインを募集し、グランプリとなったデザインは実際にピンバッジとして制作・配布されます。
 落合さんの受賞作品は「あなたを支えます」という花言葉を持つシロタエギクをモチーフとして、花びらの部分でバイスタンダーの性暴力発生現場における行動を示す「5つのD」(①distract 注意をそらす、②delegate 第三者に助けを求める、③document 証拠を残す、④delay 後からフォローする、⑤direct 直接介入する)を表現しています。
(作品の詳細はこちら https://safecampuskeio.wixsite.com/badgecontest/projects-8

 落合さんは昨年、性暴力やLGBTQ+などをテーマにした「総合講座Ⅰ<多角的にジェンダーを考える>」(経済学部 中村理香教授)を履修し、その学びが今回のコンテストへの挑戦、受賞につながりました。この授業は学内外講師らによるリレー形式の講義を通して、アクティビスム、法学、歴史学、社会学、文学、芸術学、教育学、カルチュラル・スタディーズなど多角的かつ領域横断的にジェンダーについて学ぶことができ、すべての学生を対象とした全学共通教育科目として開講されています。

落合日南さんのコメント
まさか自分のデザインが準グランプリに選出されるとは思わなかったので驚きましたし、大変光栄でした。総合講座Ⅰを履修して以来自分の中の価値観が変わりジェンダーについて本やインターネットで調べたり友人たちと日常的に意見交換したりする大きなきっかけとなったので、もっとより多くの成城生に本講座を履修して欲しいと感じております。これからも深く知るにとどまらず自ら意見を発信し世の中を変えていきたいです。

参考リンク:
学校から広めよう、アクティブバイスタンダー-性暴力から目をそらさないために-