成城大学

成城大学

Twitter FaceBook instagram YouTube
CONTACT EN

NEWS

  • 2020.11.26

    経済学部 定行泰甫准教授が Emerald Literati Awards(Emerald出版社論文賞)を授賞しました

 定行泰甫准教授・明海大学原野啓准教授・共立女子大学山崎福寿教授による査読付き論文 "Market transparency and internaitonal real estate investment" (Journal of Property Investment & Finance) が、Emerald出版社より Emerald Literati Awards の授賞論文として選ばれました。

 この論文では、国別パネルデータを用いて、不動産市場の透明度と対内(インバウンド)不動産投資の関係について分析しています。分析の結果、不動産市場の透明度が高い国ほど海外からの対内不動産投資が多い一方で、コーポレート・ガバナンスが不透明な国ほど(企業経営を監視する仕組みが不十分な国ほど)対内不動産投資が多いことがわかりました。海外投資家は不動産投資市場の情報が整備された地域を投資対象として選ぶ一方で、企業監視が曖昧なために余剰利益を生み出す余地のある地域にも投資している傾向があることを示唆する研究となっています。

参考リンク
https://www.emeraldgrouppublishing.com/journal/jpif/literati-awards/journal-property-investment-finance-literati-award-winners-2020