NEWS

  • 2020.07.21

    経済学部 河口洋行教授の共著論文がHealth Day Newsに掲載されました

 経済学部河口洋行教授が、広島大学森山美知子教授・東京大学橋本英樹教授と執筆した共著論文が、Health Day News(米国ScoutNews社)に報じられました。また、日本の医療情報サイトCareNet.comでも「糖尿病性腎症重症化予防で医療費も削減される-呉市からの報告」として紹介されました。
 当該共著論文は、査読付き英文学術雑誌である「BMC Health Services Research誌(IF=1.987)」に掲載された”Does disease management for diabetic nephropathy reduce medical expenditure? Evidence from a three-period difference-in-differences analysis”で、糖尿病に対する「疾病管理(Disease Management)プログラム」の費用削減効果を「差の差分分析(Difference in Differences Analysis)」を利用して分析したものです。

(参考リンク)
Health Day News(閲覧にはログインが必要です)
http://healthdayjapan.com/2020/06/01/39039/
Care Net
https://www.carenet.com/news/general/hdnj/50170
BMC Health Services Research
https://bmchealthservres.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12913-020-05297-0

page top