NEWS

  • 2019.12.23

    岩﨑ゼミナール、相原ゼミナールが参加したインターゼミナール研究報告会が開催されました

2019年12月22日(日)、インターゼミナール研究報告会が、成城大学3号館322教室に於いて開催されました。今回の参加ゼミナールは、明治学院大学・神田ゼミナール、成城大学・岩﨑ゼミナール、相原ゼミナールの3ゼミナールで、教員を含め約160名が参加しました。

研究報告会は、午後12時30分から18時近くまで行われ、岩﨑ゼミナールからは4チーム、明治学院大学・神田ゼミナールから3つのチーム、相原ゼミナールから3チームがそれぞれ報告を行いました。各ゼミナールのチーム報告後の質疑応答では、フロアーから多くの質問やコメントなどがあり、各チームは適切な受け答えを行うことを通じて、研究内容の理解を深めていました。

【研究報告内容】※当日の報告順序

明治学院大学・神田ゼミによる経営問題の報告
 地方創生 企業、金融機関、行政の視点から

成城大学・岩﨑ゼミによる企業等研究報告
 星野リゾート
 キャシュレス
 JR東日本
 ソニー

成城大学・相原ゼミによる組織行動の研究
 判断する「前」の再検証[情報の濃淡、知覚、介入]

page top