経済学科

教員紹介

青木 健専任講師

あおき たけしTakeshi Aoki

経済学部 / 経済学科
職位:
専任講師
専門分野:
日本経済史
担当ゼミナール:
日本経済史
主な担当科目:
日本経済史、経済史特別講義
最近の研究テーマ:
近現代日本の林業経済史
研究内容:
林業は、光合成によって生み出されたバイオマス(有機物)を人間が取り出して利用するという意味で、持続可能な生産の営みが模索されてきた経済活動のひとつです。その活動の特徴や持続可能性の模索のあり方が、日本で歴史的にどう変化してきたかを研究しています。対象は日本の地域社会での林業が中心ですが、最近は、日本の企業活動の多国籍化と世界の森林資源の関係についても、関心を広げています。
略歴:
2014年7月、慶應義塾大学経済学研究科から博士号(経済学)を取得。
2019年4月より成城大学。
主要業績:
・「近代日本の国有林野経営の展開と私権的利用の意義ー秋田営林局管内の町村を事例にしてー」佐藤健太郎・荻山正浩・山口道弘編著『公正から問う近代日本史』吉田書店、2019年。
・「第六章 近代日本の国有林野制度の定着過程と地域社会—福島県東白川郡鮫川村の事例」松沢裕作編『森林と権力の比較史』、勉誠出版、2019年。
・“The Role of Villagers in Domain and State Forest Management: Japan's Path from Tokugawa Period to the Early Twentieth Century” in Masayuki Tanimoto and R. Bin Wong eds. Public Goods Provision in the Early Modern Economy: Comparative Perspectives from Japan, China, and Europe, Oakland: University of California Press, 2019. DOI: https://doi.org/10.1525/luminos.63
・「共有林経営の展開と拡大造林—長野県飯田市山本区の事例(1950—1980年)」『歴史と経済』第232号、政治経済学・経済史学会、2016年。
・「共有林経営の展開と戦後緊急開拓計画—長野県下伊那郡山本村の事例」『日本史研究』第609号、日本史研究会、2013年。
・「外地引揚者収容と戦後開拓農民の送出—長野県下伊那郡伊賀良村の事例」『社会経済史学』第77巻2号、社会経済史学会、2011年。
所属学会:
政治経済学・経済史学会、社会経済史学会

page top