研究機構

研究機構について

目的

本学の研究の発展に資するため、研究戦略委員会の策定した基本戦略の下、研究支援及び当該研究機構が所管する研究センターの総合的な管理及び運営に関する支援等を行うことを目的とする。

業務

上記の目的を達成するために、運営委員会と事務室を置き、以下の業務を行う。
(1)本学の研究の基本戦略の推進に関する支援
(2)学内外の競争的資金による研究の推進及び支援
(3)受託研究、寄付研究等による研究の推進及び支援
(4)学術交流の推進及び支援
(5)外部機関との技術移転に関する共同研究及び相談
(6)知的財産権に関する事項
(7)外部競争的資金を獲得し設置された研究組織に関する支援
(8)研究の評価・活性化に関する事項
(9)研究成果の公表及び広報活動
(10)その他、研究機構の目的達成に必要な事項

沿革

2011(平成23)年
4月1日 研究機構設置、グローカル研究センターを研究機構内に設置
11月1日 初代機構長に奥山明良法学部教授が就任、研究機構事務室開設

2012(平成24)年
4月1日 第2代機構長に大森弘喜経済学部教授が就任

2016(平成28)年
4月1日 第3代機構長に内田真人社会イノベーション学部教授が就任

組織

本研究機構は、成城大学研究機構規程に基づいて運営されています。

運営委員会委員

内田真人 研究機構長、社会イノベーション学部教授、研究戦略委員会委員長
木村周市朗 経済学部教授
小澤正人 文芸学部教授
田嶋信雄 法学部教授
大隈宏 社会イノベーション学部教授
上杉富之 文芸学部教授、グローカル研究センター長
柳沢裕之 研究機構事務室長

page top