イベント

  • 前の記事
  • 成城大学文芸学部公開シンポジウム
    「ローマの誘惑 西洋美術史におけるローマの役割」
    開催日:2019.12.14

  • 次の記事

成城大学文芸学部では、ローマという都市の美術が西洋美術史に与えた影響について、イタリア、スペイン、ネーデルラント、ドイツ、フランスなどの専門家によるシンポジウムを開催いたします。
皆さまのご参加をお待ちしています。

成城大学文芸学部公開シンポジウム「ローマの誘惑 西洋美術史におけるローマの役割」

成城大学文芸学部公開シンポジウム
「ローマの誘惑 西洋美術史におけるローマの役割」

日 時:2019年12月14日(土)13:30~17:30(13:00開場)
場 所:成城大学7号館4階 007教室
    成城大学へのアクセス(小田急線「成城学園前」下車徒歩4分)
参加費:無料 ※事前のお申込みが必要です。

講演者

大髙保二郎(早稲田大学名誉教授、スペイン美術史)
「ベラスケスのイタリア遊学:ローマでの教訓と実践」
幸福  輝(本学大学院非常勤講師、オランダ・フランドル美術史)
「ふたりのヘンドリック — ローマのオランダ版画家たち」
佐藤 直樹(東京藝術大学准教授、ドイツ・北欧美術史)
「ヴィンケルマンのアポロ主義とラファエロ主義」
石鍋 真澄(本学教授、イタリア美術史)
「ローマからイタリア美術、そしてヨーロッパ美術を見る」
喜多崎 親(本学教授、19世紀フランス美術史)
「フランス近代絵画とローマ」

お申込み方法:参加ご希望の方は、以下のフォームからお申込みください。

  • 申込期限:11月18日(月)
  • お申し込み多数の場合は、抽選となることがあります。
  • 参加の確定については、参加証(入場券)の発送をもってかえさせていただきます。開催日の2週間前までにお送りいたしますので、当日ご持参ください。
  • やむを得ぬ事情で講演内容の一部を変更することがございますので、ご了承ください。

お問合せ

成城大学文芸学部 TEL:03-3482-9412

イベント一覧

page top